片岡信和『刑事7人』最終話出演 “尖った印象”のフリーライターに


俳優で気象予報士の片岡信和が、15日放送のテレビ朝日系ドラマ『刑事7人』シーズン7(毎週水曜21:00~)最終話に出演する。

東山紀之演じる天樹悠を中心に、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)、そして法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)ら7人のスペシャリストが凶悪犯罪や未解決事件に挑む人気シリーズ。

片岡は2006年にデビュー以降、『炎神戦隊ゴーオンジャー』(08-09)や『法医学教室の事件ファイル』シリーズ、『広域警察』シリーズなどのドラマをはじめ、数々の作品で俳優としても活躍する一方、『羽鳥慎一モーニングショー』ではお天気キャスターを務め、お天気コーナー「ワンポイントストレッチ」でも人気を集めている。

演じるのは、25年前に起きた連続婦女暴行殺人事件を追うフリーライターの三条。ヒーローやお天気キャスターで見せている顔とは異なり、少し尖った印象を持つ役どころに挑む。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ