『土竜の唄 FINAL』超ハイテンション&ド派手予告解禁 主題歌は関ジャニ∞

クランクイン!

 生田斗真主演、三池崇史監督、脚本・宮藤官九郎が再びタッグを組むシリーズ第3弾にして完結編『土竜の唄 FINAL』より、豪華キャスト勢ぞろいの新予告映像が解禁された。

本作は、シリーズ累計発行部数947万部突破した高橋のぼるによる人気コミックス『土竜の唄』を実写化。ある日突然クビになった交番勤務のダメ巡査・菊川玲二(生田)が、潜入捜査官:通称<モグラ>に任命され、最凶のヤクザ組織のドンを逮捕するため組織に潜入。次から次へと絶体絶命&爆笑必至のピンチに追い込まれながらも、持ち前の気合と根性、そして熱い魂で乗り超えていく姿を描く。2014年にシリーズ1作目となる『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』が、2016年には原作でも絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を描いた2作目『土竜の唄 香港狂騒曲』が公開された。

5年ぶりのシリーズ3作目にしてついに完結となる『土竜の唄 FINAL』には、主演の生田のほか、シリーズ1・2作と連続出演となる堤真一、仲里依紗、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、岩城滉一に加え、1作目から8年ぶりの登場となる岡村隆史、シリーズ2作目から5年ぶりとなる菜々緒の参戦も決定。さらに、新キャストとして鈴木亮平、滝沢カレンの出演も決定した。

解禁された90秒の予告映像では、玲二が裸で断崖絶壁に張り付けにされている超ハイテンションなカットからスタートし、まさかの猫沢(岡村)や福澄(皆川)、玲二のキスシーンや、「嘘つき!」と玲二にキレる純奈、ジャスティストリオの<土竜の唄3番>を熱唱するシーンなど、爆笑必至のシーンがてんこ盛り。さらに、パピヨンを守るように銃弾を浴びた玲二の姿が…。

三池監督が「あなたの想像の遥か斜め上を行く『大スペクタクル』。」と表現する今作のミッションは、過去最大となる取引額、6000億円に及ぶ麻薬密輸の阻止。立ちはだかる轟周宝の息子でシリーズ最強にして最凶の敵・轟烈雄、さらに謎のフェロモン美女・沙門にハメられ、恋人・純奈との愛の修羅場も訪れる。超豪華客船を舞台に、シリーズファイナルにして最もド派手で過激なラスト潜入捜査が繰り広げられる。

第1作目『土竜の唄 潜入捜査官REIJI」では「キング オブ 男!」、シリーズ2作目『土竜の唄 香港狂騒曲」で「NOROSHI」と、これまでにも『土竜の唄』シリーズを盛り上げる力強い楽曲を提供してきた関ジャニ∞が、今作でも主題歌を担当。完全書下ろしの最新楽曲「稲妻ブルース」を提供することが決定した。同事務所に所属する同年代の俳優・生田斗真への熱いエールと、ファミリーとして「土竜愛」が詰まった一曲に仕上がっている。

制作をメインで担当したメンバーの大倉は「映画もFINALだという事で、今まで歌わせてもらったキング オブ 男!、NOROSHIに続く三部作の終わりというイメージで男らしく!だけどド派手な楽曲という注文をさせてもらい制作しました」と楽曲への想いを語る。一方、楽曲を聞いた生田は、これまでもタッグを組んできた関ジャニ∞とのファイナルタッグについて「最高で最強のキズナが生んだ会心の一撃。ありがとう関ジャニ∞!その思い、しかと受け取った! アイラブユーだぜ!」と大興奮のコメントを寄せている。

映画『土竜の唄 FINAL』は11月19日全国公開。

<コメント全文>
■生田斗真
最高で最強のキズナが生んだ会心の一撃。
ありがとう関ジャニ∞!
その思い、しかと受け取った!
アイラブユーだぜ!

■関ジャニ∞
・村上信五
最後まで作品に携わらせて頂けて嬉しく思います!
主人公の玲二、キャストの皆さんの成長と共に楽曲もより男らしく大人の装いと、
初心を忘れない言葉の簡潔さを交えたFINALを飾るに相応しい主題歌が出来たと思います。
斗真に早く感想を聞きたいです!!

・大倉忠義
映画もFINALだという事で、今まで歌わせてもらったキング オブ 男!、NOROSHIに続く三部作の終わりというイメージで男らしく! だけどド派手な楽曲という注文をさせてもらい制作しました。
3作も続く人気作になるというのは、斗真くんや制作の方々の熱量がお客様に伝わったんだと思います!!
少し寂しいですが、最高の盛り上がりをお手伝いできればと思います!!
斗真くん、FINAL、ド派手な祭りをかましてください!!

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ