14日(火)の天気 台風14号と前線 西・東日本に雨雲 九州を中心に滝のような雨

日直予報士

台風14号が東シナ海でほとんど停滞。前線に向かって台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。九州を中心に雷を伴って滝のような非常に激しい雨の降る所がありそうです。

●台風14号と前線

きょう14日(火)、強い台風14号は東シナ海でほとんど停滞しています。
また、前線が東シナ海から九州を通って、日本の東に延びています。前線に向かって台風周辺の湿った空気が流れ込み、九州を中心に大気の非常に不安定な状態が続きそうです。

●九州を中心に滝のような雨

沖縄は断続的に雨や雷雨で、バケツをひっくり返したような激しい雨の降ることがあるでしょう。九州は発達した雨雲がかかり、昼頃まで局地的に雷を伴って滝のような非常に激しい雨が降りそうです。大雨となる恐れがあり、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。四国も雨や雷雨で、午後は雷を伴って、激しい雨の降る所がありそうです。
中国、近畿は雨が降ったりやんだりで、東海は昼頃から雨が降るでしょう。雨具をお持ちください。関東は雲が多く、夕方以降は所々で雨が降るでしょう。東北も太平洋側を中心に雲が広がりやすく、夜は雨の降る所がありそうです。一方、北海道はおおむね晴れるでしょう。

●気温ダウン

最高気温は、沖縄は30℃以上でムシムシしそうです。九州はきのう13日(月)と同じくらいですが、中国、四国から関東はきのう13日(月)より5℃くらい低くなる所が多いでしょう。25℃前後で、10月並みの所が多くなりそうです。気温の変化が大きくなりますので、服装で上手に調節してください。
北陸から北海道は平年並みの所が多く、北陸は27℃ほど、東北は25℃くらい、北海道は20℃前後でしょう。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ