乃木坂46与田祐希『さんま御殿』初登場「ちっちゃいおじさんが中に住んでる」?

dwango.jp news


9月14日の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ)では、「話題の美女がお悩み告白SP」を放送。オープニングでは初登場の乃木坂46与田祐希が「初めて握手した芸能人」がさんまだったと告白。しかし与田はそのときとある勘違いで握手をしてしまったことを明かす。



同じく初登場で毒舌キャラの日下部美愛は、「新年の占いで“マダム”に気を付けるよう言われた。干されようにがんばる」とデヴィ夫人を警戒。また、ジュニア時代は数々のタイトルを獲得し現在ティーチングプロとタレントの二刀流で活躍しているゴルファー・野田すみれ、若者から絶大な支持のあるモデル“りこりこ”こと莉子、フリーキャスターの中川絵美里も初登場。

トークテーマ「実はこのままで良いか悩んでいる事」では、朝日奈央が自身の“雑な生活”を告白したところ、朝日と高校時代から仲がいい、ももいろクローバーZ百田夏菜子が、かつて番組で“雑な結婚祝い”を朝日にバカにされたことを持ち出し抗議。ところが誰も百田の意見に賛同できず、さんまからは「えくぼは人生の落とし穴」、デヴィ夫人からは「聞けば聞くほどかわいそうね」と同情されてしまう。その百田が「基本ガニ股で足を開いてしまう」という悩みを相談すると、オアシズ・大久保佳代子が大いに賛同し「(股下を)換気したくない?」とロングスカートの中の足を広げてみせ、女性陣が大盛り上がり。莉子も「足を閉じることに集中してトークができない」と言うと、さんまは「『恋のから騒ぎ』で前列がおもしろくない理由がわかった」と納得する。

デヴィ夫人の悩みは、元気な姿をテレビで見せすぎて「疲れていても誰も同情してくれない」こと。中でも「一番ひどいのは娘」と、ロンドンに住む娘が、到着まで数日もかかるロンドン郊外の自宅に呼び出すことに不満を漏らす。

与田はメンバーから「ちっちゃいおじさんが中に住んでる」と言われてしまう自分の行動に、「アイドルとして大丈夫かな」と心配。「すぐに占いに頼ってしまう」という中川は、かつて、元彼と復縁したい一心で、占いで言われたあるコトを2ヶ月続けたと告白し全員仰天してしまう。

ヒコロヒーは「松竹芸能の先輩が優しすぎる」と、とある先輩芸人に言われて悩んだ一言をさんまに相談。人力舎も太田プロも「上下関係がなく優しい」という話になると、野田が「ゴルフは縦社会。」と言いつつ具体的なエピソードを躊躇。するとさんまが「暴露いこう!芸能界に来い!」と興味津々。かつて経験した厳しい勝負の世界のエピソードをぶっちゃけまくる。

トークテーマ「女の敵はやっぱり女だったと思う事」では、百田が「メンバーの高城れにがマウントを取ってくる」と、あるコトで圧倒的に高城に叶わない悔しさを告白。与田は「ここだけの話なんですけど……」と、楽屋でメンバー同士でしているあるコトを打ち明ける。ぜひお見逃しなく。

(C)NTV

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ