マクドナルドにやってきた珍客に驚きの声「牛を連れてハンバーガーを食べるとは…」(米)<動画あり>

米ウィスコンシン州のマクドナルドにて、ドライブスルーにやってきた乗用車の後部座席に牛がいるという驚きの光景が撮影された。置物かと思うほど微動だにしないが、よく見ると瞬きをする様子が確認できる。ネット上では「牛を連れてハンバーガーを食べるとは…」など驚きやジョークのコメントがあがっていることを『Insider』などが伝えた。

米ウィスコンシン州モサイニー在住のジェシカ・R・ネルソンさん(Jessica R. Nelson)は先月27日、自身のFacebookに1本の動画を公開した。

撮影場所は同州マーシュフィールドにあるマクドナルドで、ジェシカさんはドライブスルーの列に並ぶ1台の黒い乗用車に目を奪われたという。それもそのはず、後部座席に1頭の牛がいたのだ。

遠くから撮影しているため中の様子は詳しく分からないが、牛は大人しく外を眺めており、置物かと勘違いしてしまうほど動かない。しかし途中で瞬きする様子が映っており、生きている牛であることが確認できる。

ジェシカさんは投稿で「ウィスコンシン州に住んでいることを明かさずに、ウィスコンシン州に住んでいることを教えて(Tell me you live in Wisconsin without telling me you live in Wisconsin)」と“すべてを言わずとも伝わる”ことを意味するSNSでお馴染みの“Tell Me Without Telling Me”というフレーズをもじって記している。

なお「ウィスコンシン州デイリーファーマーズ(Dairy Farmers of Wisconsin)」の2020年のデータによると、ウィスコンシン州は全米で2番目の牛乳生産量を誇っており、乳牛の数も全米2位、酪農場に至っては全米1位とのことだ。

そんな酪農が盛んな州に住むジェシカさんは、あちこちで牛の姿を見かけているはずだ。しかし乗用車の中に牛がいるという今回の状況には面食らってしまったようで、「最初は偽物だと思いましたよ。だって誰がビュイック(米自動車メーカーの乗用車のブランド名)に牛を乗せるのよ?」と当時を振り返っている。

今回の驚きの動画が拡散されると、動画に映る牛のオーナーから連絡が届き、オークションで購入したばかりの子牛を乗せていたということが判明した。

ジェシカさんはのちに「あの車の後部座席には、実際には3頭の子牛が乗っていたことが分かりました。2頭は横になっていて、目にしたのは立っていた残りの1頭だったのです」と明かしている。

今月14日(日本時間)の時点で34万回以上も再生された動画には、「きっとマクドナルドに新鮮なお肉を届けに来たんだよ」「牛を連れてハンバーガーを食べるのはちょっと意地悪だね」「ハンバーガーではなくてKFCに行くべきだったよ」など笑いやジョークを飛ばすコメントが見受けられた。

ちなみにジェシカさんは「ヤギとかブタなどの家畜を車に乗せるのがトレンドになるかもしれませんね」と笑ってコメントしている。



画像は『Jessica R. Nelson 2021年8月27日付Facebook「A WHOLE FREAKING COW!!!」』『CBS58 2021年8月27日付「Only in Wisconsin: Cow spotted in drive-thru lane at McDonald’s in Marshfield」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ