乃木坂46・与田祐希、『日本沈没』で日曜洋画劇場に初出演 居酒屋の看板娘に

しらべぇ




14日、乃木坂46の与田祐希が、10月10日(日)夜9時からスタートする日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(TBS)に出演することが発表された。

■危機が迫る中、希望を見いだせるのか


1973年に刊行された小松左京による原作「日本沈没」は、刊行後もテレビドラマ化のみならず、漫画・アニメとして語り継がれた作品である。今作は、原作でも描かれていた「環境問題」を、2021年バージョンとして今に照らし合わせて描かれる。

さらに、登場人物がオリジナルキャラクターとなり、2023年の東京を舞台に「沈没」という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描かれた作品となっている。

■居酒屋の看板娘は癒しの存在




与田が演じる居酒屋の店員・山田愛(やまだ・あい)は、主人公天海啓示(小栗旬)と常盤紘一(松山ケンイチ)が通う行きつけの居酒屋の看板娘。

未曾有の危機を迎え、緊迫感のあるやりとりを繰り広げる中で、天海たちがホッと一息つけるこの居酒屋は、仕事の緊張感から解き放たれる貴重な場所となっている。そして、その居酒屋で働く山田は天海たちにとって癒しの存在である。

自分自身とは真逆という役柄を、先輩俳優たちのアドバイスを受けながら懸命に演じた、与田の渾身の日曜劇場初芝居にも注目だ。

■少しでも元気や笑顔を届けられる存在に


今回の発表に際し、与田、プロデューサー・東仲恵吾氏からコメントが届いている。

与田:希望を信じて、過酷な状況にも立ち向かっていく人間の強さ、そして脆さも感じました。そんな中私が演じさせていただく山田愛はとても明るく前向きなキャラクターなので、この作品の中で少しでも元気や笑顔を届けられる存在になれていたらと思います!

■ホッと一息、安心を与えてくれる役


東仲氏:以前、与田祐希さんが出演した映画を拝見した時、柔らかい雰囲気の中にも強い意志が伝わるまなざしが印象に残りました。

今回演じる山田愛は、日常を生きている普通の子ですが、困難な状況に晒された時でも、なんとしても生きようとする意志が強い子でもあります。与田さんがこの役を演じたら、とても面白くなるのではと思い、お願いしました。

彼女自身が持つ柔らかい雰囲気も相まって、『日本沈没―希望のひと―』にホッと一息、安心を与えてくれる役になりました。ぜひお楽しみください。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ