神田錦町にミシュラン星獲得シェフのフランス料理店「naoto.K」がオープン

IGNITE


多くの一流企業が入居するオフィス街として進化を続ける神田錦町に、至高のレストランが登場。



神田錦町は、古く明治時代には東京大学や学習院大学が創設された地であり、日本の将来を担う人材を数多く輩出してきた。この地にオープンした一軒家レストラン「naoto.K(ナオトケイ)」は、フランス料理人・岸本直人氏の集大成といえる店だ。

■ミシュラン本にて累計で12個の星を獲得


東京都出身の岸本氏は、NHK「天皇の料理番」をきっかけにフランス料理に興味を持ち、“料理の鉄人”として有名な渋谷「ラ・ロシェル」の坂井宏之氏に師事。1994年にフランスに渡り、ロワールの名店「ラ・プロムナード」、パリの名店「フォーシェ」、ブルゴーニュ・ヴェズレー「レスペランス」など各地で研鑽を積んだ後1996年に帰国。銀座「オストラル」をスーシェフとして立ち上げ、2001年より同店のシェフに就任した。

2006年には南青山にてフランス料理店「ランベリー」をオープン。2017年に広尾へ移転オープンしてからは、『ミシュランガイドブック東京』の2008年初版より累計で12個の星を獲得している。

■「旬」と「瞬」へのこだわり



シェフ・岸本氏がこだわり続けてきたのが、“~シュン~”旬の季節の食材の「旬」と、その旬の美味しさを最大限に引き出した瞬間の「瞬」だ。旬の食材が最も輝く、“最高の瞬間を捉えた一皿”を最短距離で召し上がってほしいという同氏の想いを詰め込んだオープンキッチンのフランス料理店だ。

1日8席限定のカウンタースタイルで、氏による渾身のコース料理が食べられる。



食文化の新たなシーンを創り出す「naoto.K」の味を確かめてほしい。

所在地:東京都千代田区神田錦町2-1-1
価格帯:おまかせコース33,000円(サービス料なし・消費税込)

公式ホームページ:https://naotok.tokyo/
Instagram:https://www.instagram.com/naoto_k_2021/
YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UC4ggbFOkqRAmPClMKDbuPiw

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ