「TOKYO MER」 関西も番組最高17・5%で有終の美!

 俳優の鈴木亮平(38)が主演を務めたTBS日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(日曜後9・00)の最終回(第11話)が12日に15分拡大で放送され、関西地区の平均世帯視聴率は17・5%、世帯占拠率は26・4%、個人全体視聴率は11・0%、個人全体占拠率は27・9%(ビデオリサーチ調べ)を獲得し、同時間帯で1位だったことが13日、分かった。

 関西地区では初回13・5%、第2話14・5%、第3話15・5%と好調に推移。東京五輪開催中は少し数字を落としたが、最終回で番組最高の17・5パーセントをマークした。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ