チョコプラ『キングオブコント』敗退“悔しい”アピールのワケは…?

まいじつ

チョコレートプラネット 
チョコレートプラネット (C)まいじつ 

9月8日、お笑いコンビ『チョコレートプラネット』が自身のYouTubeチャンネルを更新。お笑い賞レース『キングオブコント』敗退について口にした。

今年からユニット参加がOKとなった同大会に、『チョコプラ』は優勝経験のある『シソンヌ』とともにユニット『チョコンヌ』で出場。準決勝まで勝ち進んだものの、決勝進出にはならなかった。

これについて動画『キングオブコントちゃんと悔しい』にて、長田庄平は「いやーむずかったね。決してナメているわけではなかったけど…」とまずは弁解。松尾駿も「やっぱ悔しいよね」と口にする。一方で、ちゃんと4人で練習してはいたが、ネタに関しては『キングオブコント』用のネタではなかったと告白する。もともとユニットでやっていたコントを、大会の制限時間に合わせて短縮したものだったというのだ。

長田は続けて「やっぱ悔しいな! ウケて落ちるならいいけど、あんまウケなかったから。微妙な反応でしたし、爆発しなかった。ベストパフォーマンスできなかったというのが悔しいですよ」と頻繁に〝悔しい〟という感情をアピールし、松尾も「ちゃんと悔しい」と強調していた。

野田クリスタル「ちゃんと悔しがって」


「ここまで〝悔しいアピール〟をするのは、お笑いファンに対する弁解でしょうね。『チョコンヌ』として出場することに、一部では『賞レースをナメてる』『保険をかけながら出場するのはどうかと…』と苦言があがっていましたから。本気度をみせたかったのでしょう。同業者の『マヂカルラブリー』野田クリスタルも、名指しこそしていませんが『キングオブコント』に出るユニットに対して、『負けたらちゃんと悔しがってほしい』『負けても「まぁユニットだし…」と言い訳しないで』と釘を刺していましたので、野田の指摘通り、チョコプラはしっかりと悔しがったのでしょう」(芸能記者)

なお、『チョコプラ』は来年も『チョコンヌ』としての出場に含みを持たせていた。『チョコプラ』としての出場を一度諦めた以上、これからもユニットとして参加し続けることは筋が通っている。ぜひ、来年は『キングオブコント』用に仕上げてリベンジを果たしてもらいたい。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ