コロナ禍でタロット本が売上増&ロングヒット! LUA著『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』10万部突破!

Rooftop


81wsNof2w2L.jpg

株式会社日本文芸社が刊行する『78枚のカードで占う、 いちばんていねいなタロット』(LUA著)がコロナ以降さらに売れ行き好調により、 紙版は20刷93,000部を達成、電子を含め10万部に達する。 1万部売れればヒットと言われる占い系書籍の中で、 異例の売れ行き。

― 人生は、 決断の連続。 起きるか、 寝るか、 なにを着るかささいなことから、 思いを告げるか、 転職すべきか、 自分はこのままでよいのかなど、 人生を左右しかねないことまで、 人はどれだけの決断をしているのか。こんなとき、 普通なら友人や恋人、 家族などに悩みを打ち明けたりするだろう。 しかし、 コロナ禍の自粛や忙しい日々の中で、 心の内を誰にも話せず、 ひとりで抱え込んでいる人が多いのではないだろうか。

unnamed-4.jpg

そういうときに、 決断をサポートしてくれる道具が「タロット」。さらにコロナ禍で、 漠然と不安、 気持ちがなんとなく晴れない、 イライラが続いて自分でも嫌になる、 といった解決方法の見つからない心の落ち込みも、 タロットが助けてくれる。タロットに相談することで、 前向きに自分と向き合えるようになれるのだ。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ