2週間天気 台風14号の動向に目が離せず 週末にかけて九州や本州付近に影響も

日直予報士

今週も台風14号の動向に目が離せないでしょう。週末には台風から変わる温帯低気圧が、九州だけでなく、四国や本州付近に大雨や強風の影響をもたらしそうです。秋雨前線の影響で雨が長引き、大雨にも注意が必要です。

●1週目 台風の動向に目が離せず

台風14号はきょう13日(月)も北上し、あす14日(火)から15日(水)頃にかけて、東シナ海でほとんど停滞するでしょう。その後、16日(木)、17日(金)頃に東よりに向きを変える見込みです。18日(土)には日本海で温帯低気圧に変わるものの、九州だけでなく、四国や本州付近にも大雨や強風の影響をもたらしそうです。日本付近には秋雨前線もあるため、低気圧の接近前から前線や湿った空気による雨が降る見込みです。九州では台風の影響に加えて、前線の影響も加わるため、長引く大雨に注意が必要です。本州付近も週末にかけて低気圧や前線の影響で、雨の降り方が強まったり、風が強まったりすることもありそうです。大雨や強風にご注意ください。今週は台風14号の動向に目が離せないでしょう。
低気圧が通過した後、次第に天気が回復し、19日(日)から20日(月)にかけて晴れる見込みです。

●2週目 後半は晴れる日が多い

21日(火)は北海道と九州で雨が降りますが、東北から近畿、沖縄は大体晴れるでしょう。22日(水)は、晴れる所が多いですが、変わりやすい天気でしょう。23日(木)からは晴れる日が多い見込みです。
最高気温は平年並みか平年より高い日が続き、北海道では前半は夏日の日がありそうです。東京から九州は30℃近くまで上がる日があり、残暑が厳しくなるでしょう。最低気温も平年並みか平年より高い日もありますが、20度を下回り、日中との気温差が大きくなる日もありそうです。体調管理にご注意ください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ