Sexy Zone中島健人&小芝風花らにサプライズ「彼女はキレイだった」現場にAwesome City Club登場

モデルプレス

【モデルプレス=2021/09/13】Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演を務めるカンテレ・フジテレビ系火曜よる9時連続ドラマ『彼女はキレイだった』の現場にオープニング曲「夏の午後はコバルト」を歌うAwesome City Clubがサプライズ登場した。

◆Awesome City Clubがサプライズ登場



このドラマは、さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島健人)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝風花)という真逆の成長を遂げた二人の“すれ違う初恋”の行方を描く、この夏一番の胸キュンラブ・ストーリー。

中島・小芝・赤楚衛二・佐久間由衣の4人がインタビュー取材を受けている中で、話題はドラマオープニング曲について。「曲を聴くとワクワクしちゃう」という小芝に、中島は「(小芝は)いつも鼻歌で、“夏のハイドレンジア”か“夏の午後はコバルト”を歌ってたよね!?」と暴露。小芝がAwesome City ClubのPORINから、オープニング曲は「(小芝が演じる佐藤)愛を取り入れて歌詞を書いた」という話を聞いたエピソードを披露し、感謝を込めて「ありがとうございます」と話した瞬間、Awesome City Clubの3人がサプライズ登場した。

Awesome City Clubは、無事ドラマをクランクアップした4人に花束を渡し、祝福。この模様はYouTubeに公開されている。

そして、「彼女はキレイだった」最終回当日にインスタライブを実施することが決定。長谷部宗介役の中島、佐藤愛役の小芝、樋口拓也役の赤楚、桐山梨沙役の佐久間、須田絵里花役の宇垣美里、池沢蘭子役のLiLiCoが登場して、撮影の裏側やそれぞれが思う最終話のみどころについて語る。

さらに「彼女はキレイだった」最終話では、一部生放送も決定している。(modelpress編集部)

◆最終話ストーリー



宗介(中島健人)が起死回生の一手として取材交渉を続けてきた謎の作家・楠瀬凛の正体は、樋口(赤楚衛二)だった。にわかには信じられず、言葉を失う宗介に、樋口は「モストを救いたい」と、自らの生い立ちや小説への思いをつづったインタビュー原稿を手渡す。記事を掲載すれば話題になることは間違いなく、『ザ・モスト』の存続も夢ではない。しかし、正体が明らかになったら楠瀬凛の生活は一変してしまう――。悩んだ末、宗介は掲載を見送ることを決めるが…。

一方、愛(小芝風花)の元には、絵本作家のちかげ(日高のり子※「高」は正式にははしごだか)から「絵本の仕事を再開する」とうれしい知らせが届く。さらに、ちかげのアトリエへ行くと、「ここで、いっしょに働かない?」と誘われ、胸がときめく愛。絵本作家になることが幼い頃からの夢だった愛は、うれしくなり、早速宗介に報告するが…。小さなうそから始まった、愛と宗介の初恋の行方は?

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ