コロナ渦でも夢の世界へ! ヒルトン東京ベイの絶景客室「セレブリオ セレクト」でワンランク上のおもてなし



大人もワクワクする、ディズニーの人気オフィシャルホテル「ヒルトン東京ベイ」。長引くコロナ渦の今、「パークのチケットも取れないし、オフィシャルホテルに泊まっても退屈でしょ……?」と思う人も多いかと思いますが、いやいやとんでもない!

パーク周辺はファミリー向けのホテルが多い中、「ヒルトン東京ベイ」は一流ホテルらしいラグジュアリーで落ち着いた雰囲気。ほどよいリゾート感とシティホテルのスマート感を同時に味わえるので、特にディズニーマニアでなくともワクワク楽しめます。さらにヒルトンでは、より清潔で安全な滞在をお楽しみいただけるよう、新たな衛生基準となる「ヒルトン・クリーンステイ」プログラムを導入。ゲストに安心と癒しを届けています。

今回はそんな「ヒルトン東京ベイ」の人気客室「セレブリオ セレクト」に泊まって、非日常体験してきました!コンパクトにはなりますが、セレブリオ利用者専用のラウンジも健在。ティータイム、夕食級の豪華なカクテルタイムも楽しめます。日々の疲れを癒やす、夢の世界とは……?
1.「ヒルトン・クリーンステイ」の導入で、安心安全は新たなステージへ

ヒルトングループでは、「ヒルトン・クリーンステイ」に沿って感染症対策を徹底した上で、ゲストを迎えています。

「ヒルトン・クリーンステイ」とは、洗浄・消毒製品メーカー「RB社」とアメリカ屈指の医療機関「メイヨー・クリニック」、さらにヒルトングループの3社が提携し開発した衛生・消毒基準プログラム。

例えば、初めて客室に入る際、入り口の扉にブルーの「ヒルトン・クリーンステイ 客室シール」が貼ってありますが、これは厳格な「客室衛生基準」を満たしていることを確認し、シールを貼った後は、誰も客室内に入っていないことを示すもの。青いシールをびりっと破かないと中には入れませんが、これは安心安全の証!

その他にも、正面玄関や、レストランの入り口さまざまな場所にアルコールを設置したり、チェックインやレストラン利用の前には、検温を実施しています。

まだまだ十分な注意が必要なとき。ヒルトンのきめ細やかな感染症対策は、ゲストへの確かな安心感につながっています。
2.エレベーターを降りた瞬間から、非日常の世界!

細やかな感染症対策により、安心出来る環境が整ったヒルトン。安心にプラスして、圧倒的な非日常体験ができるのが、「ヒルトン東京ベイ」の「セレブリオ セレクト」です。

客室があるのは、ホテルの最上階。フロントでチェックインを済ませたら、エレベーターで11Fに向かいます。

エレベーターの扉が開くと、ビックリ!コロンと可愛い水玉模様や近未来的な色の組み合わせが目を引く、非日常空間が出現します。角に置かれた椅子型のオブジェは、触れると色が変化するアート作品。突如現れるアーティスティックな空間に感性が刺激されて、ワクワクが止まりません。

3.最高のオーシャンビューを楽しめる、不思議可愛い客室

部屋の雰囲気も、不思議で、可愛くて、ポップ!時代を先取りした、新しい大人のリラックス空間といった雰囲気です。

眺望は、「海側」(40平米)と「パーク側」(35平米)に分かれていますが、今回泊まったのは、東京湾を見渡せる「海側」。額縁のような大きな窓からは、一面に広がる大海原を楽しめます。

窓際にはテーブルとソファがあるので、景色を眺めながらゆったりとくつろげます。ここに腰掛けて、テイクアウトしたメニューを食べるのにも便利ですよ。

そして、さらに近づくと……

ご覧ください、この海の近さ!手を伸ばせば届きそうな場所に東京湾があり、その向こうに東京タワーや、お天気が良いと富士山まで見渡せます。しかも、いろんな船が行き交うので見飽きることがありません。

昼間に見る青い水平線も感動的ですが、海側のお部屋は、沈んでいく夕日やベイエリアの夜景も格別です!
4.TV付きの快適バスルーム

「セレクト」というだけあって、このお部屋はバス・トイレが別々。真ん中に洗面台があり、両サイドにお風呂とトイレがあります。しかもお風呂は、TV付き!TVっ子なら、かなりご機嫌なバスタイムになるはずです。

そしてアメニティは、天然由来成分「クラブツリー&イヴリン」。爽やかな香りに包まれて、お肌も心もひたすらリラックスできます。

お部屋では、インド産の高品質紅茶ブランド「プリミアスティー」を楽しめます。こちらはTバッグですが、高級茶葉だけあって、茶葉の味が濃く、豊かな香りが広がります。


5.コンパクトながらも充実!代替中のラウンジサービスって?

それでは、お待ちかねのラウンジサービスを体験!

このラウンジを利用できるのは、「セレブリオ セレクト」か「セレブリオ スイート」に泊まったゲストのみ。ワンランク上のサービスが受けられる、そこはかとない優越感に心が躍ります。※宿泊中のヒルトン・オナーズ ダイアモンド会員のゲストも利用

私が滞在していた時は、セレブリオ・ラウンジが一時休業中で、レストラン「ザ・スクエア」でラウンジサービスを提供していました。最新情報は、ホテル公式HPでご確認ください!

ここで「何が食べられるかな?」と考えるのも楽しみの一つ。17時まではティータイムになっていて、いちごキャンディーも食べ放題です。※メニューは日替わり

そして、17時から19時までの2時間は、カクテルタイムの時間。ティータイムとはメニューがガラッと変わります。

テーブルの上には、スープ、点心、パスタ、お肉料理(この日は唐揚げでした)、混ぜご飯などがずらり。軽食……というよりも、夕食級の充実っぷりです。

コールドミールも負けていません。チーズ3種類、サンドイッチ2種類、サラダなどが食べ放題です。

さらに、ケーキ2種類、フルーツのシロップ漬け、ゼリーも食べ放題。甘いもの好きなら、全てを制覇したくなります。

カクテルタイムの軽食は、ついつい食べすぎてしまうほどどれも美味しくて、ディナービュッフェ感覚で楽しめました!
6.ヒルトン東京ベイのおすすめの過ごし方

ラウンジを楽しんだ後は、館内を散策することに。

立ち寄ったのは、次に向かったのは、ディズニーショップ横にある24時間営業のローソン。実は24時間営業のコンビニがあるのは、オフィシャルホテルで「ヒルトン東京ベイ」だけ。

コンビニなので商品は通常価格。「あれ忘れた~!!」のときにも大助かりです。
7.ちょっとずつしっかり!センスが冴える中華の名店「王朝」

夕食をいただきに、B1Fにある中国料理「王朝」へ。コロナの影響で、現在、営業は週末のみ。でも、タイミングが合えばぜひ行って欲しい、名店中の名店です。

席はゆったり配置されたソファー席。密も避けられて、プライバシーも守られる、withコロナ時代にぴったりなお店。さらにQRコードをスマホで読み込めば、非接触型でメニューを確認できます。

季節感を大切に。旬の食材を使ったコース料理が「王朝」のウリ。少しずついろいろなものを出してくれるので、「あれもこれも食べたい!」気持ちを満たしてくれます。

この日のメニューは、海鮮と白とうもろこしの旨味スープ、豚三枚肉の角煮 夏野菜添え、四川式彩り野菜と牛肉のピリ辛焼きそばなど、衝撃的においしい品が次々と……! 最後には、動けなくなるぐらいの満腹感を味わえます。
8. 目の前で作られる!ライブコーナーが楽しい朝食ブッフェ

朝食は、ホテル1Fのビュッフェレストラン「フォレストガーデン」にて。朝7時から10時までの間、ブッフェスタイルで朝食を楽しめます。※時間や提供場所の最新情報はホテル公式HPでご確認ください

メニューは、和食&洋食ともに朝ごはんの定番メニューをほぼ網羅。シェフが目の前で焼き上げてくれるオムレツもあります。驚いたのは、目玉焼き。半熟目玉焼きorしっかり焼いた目玉焼き、2種類もあって、好きな方を選べます。細やかな心遣いが嬉しいですよね!

1つ1つが美味しくて、好きなものを心ゆくまでおかわりできる最高の朝ごはん。普段、時間がないから…とさっと済ませてしまう人も、「ヒルトン東京ベイ」の朝食はぜひゆっくり食べてほしい!ここの朝食は、一日の活力を与えてくれますよ。

<都心から30分で、圧倒的な非日常体験ができるヒルトン東京ベイ>
コロナ渦の疲れも憂鬱もぜーんぶ振り払って、明日もがんばろう!という気持ちにさせてくれる「ヒルトン東京ベイ」。

アクセスは都心から約30分。思い立ったら行ける気軽なリゾートで、日常からエスケープする旅をしてみてはいかがでしょうか。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ