「好意の出し惜しみ」によって招いてしまう恋の末路3つ

yummy!


「好意の出し惜しみ」によって招いてしまう恋の末路3つ

片思いをしていると、どこまでアプローチをしていいのか悩みますよね。
特に奥手だったり、彼と今後の関係があったりすると「とにかく好きバレだけはしたくない!」と思う人もいるのではないでしょうか。
とはいえ好きを全開にしすぎても都合よく利用される可能性がありますが、好きバレを恐れすぎるのも問題かも……。場合によっては恋が成就しづらくなるでしょう。
そこで今回は「『好意の出し惜しみ』によって招いてしまう恋の末路」をご紹介します。

目次

彼が「嫌われている」と思い込んでしまう


好きバレ防止を徹底していると、距離感がわからなくなるもの。とにかく彼を避け続けた結果、彼が「俺って嫌われているのかな?」と思い込んでしまうことがあります。
すると今度は彼のほうが気を使って、あなたに話しかけなくなるという悪循環が発生。
これって女性からすると望んでいない状況ですよね。好意を全面に出さなくても、最低限「嫌いじゃないこと」「友達(仲間)として仲良くしたいこと」はアピールするべき。
そのためにも彼をあからさまに避けるのではなく、ときには自分から声をかけたいですね。

ほかの女性と付き合ってしまう危険がある


彼とはデートするほど順調だったのに、いつの間にか音信不通になってしまった。
風の噂ではどうやら彼女ができたらしい。
こんな経験のある女性はいませんか?
この場合も好意を出し惜しみしてしまったせいで、自ら交際を遠ざけてしまった可能性があります。
基本的によほどの肉食じゃない限り、男性だって負け戦はしたくないもの。そのため数回デートしても手ごたえが感じられなかったら「脈ナシ」と悟り、次にいってしまいがちです。特に婚活の場合は、よりサイクルが早い傾向にあります。
つまりあまりに受け身すぎると、せっかくのチャンスも逃すことになりかねません。
恥ずかしいからと黙るのではなく、「すっごく楽しいです!」「今度はあそこ(場所)に行ってみたいです!」など、“好き”以外の言葉で感情を伝えるといいでしょう。

単純にかわいげがない、扱いづらいと思われてしまう


あとはあまりにあまのじゃくな態度ばかりだと、単純に「かわいげがない」と思われてしまうもの。
「あの子って何考えているのかわかんないんだよな」と、彼の中で“扱いづらい人”になってしまいます。
一度面倒くさい認定されてしまうと、挽回するのは難しいもの。それなら多少好意がバレても「彼にだけ優しくする」「軽くボディタッチをする」など、直球路線でいったほうがまだ交際の見込みはあるでしょう。

さいごに


やはり好きバレを恐れすぎると、うまくいくものもダメになりがち。
片思いをしている人は、まずどんなアプローチをするか自分の中で考えてみましょう。「自分からLINEを送る」「デートには誘ってみるけれど、断られたら無理強いしない」などある程度の方法が固まったら、いざ彼を目の前にしても行動に移しやすいはず。
アプローチを0か100で考えるのではなく、ぜひ“程よく好意を伝える”にシフトチェンジしてみてくださいね。
(和/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ