同棲前に問題はなくしたい… 彼氏・彼女のペットを受け入れるために話すこと

fumumu

猫・ペット・カップル・同棲(LightFieldStudios/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

同棲をする際に、ペットの問題が発生することは少なくありません。

fumumu取材班は、同棲前にペットについて話し合っておきたいことを聞いてみました。

(1)責任は連れてきたほうが持つ


いろいろな決め方があると思いますが、しっかりと役割分担や責任の所在を確認しておいた方が良さそうです。

「役割分担をはっきりとさせておくことが大事だと思います。自分が連れてきたペットなら、その世話は自分がやることにしておくとか。

そして負担が大きくならない範囲で、相手がたまに手伝ってあげるくらいがちょうどいい。役割分担というか責任を決めておかないと、もめる原因になってしまいます。

よかれと思って『一緒にお世話しよう』なんて言ってしまうと、気づいたら自分がメインになっていて、やらないと怒られる…みたいなストレスがたまる状況になりかねません」(30代・男性)

関連記事:同棲が上手くいく自信がない…そんな不安を乗り越える方法

(2)「しつけ」の範囲


ペットの「しつけ」の違いで別れに至ることも…。

「友人カップルは、ペットのしつけが原因で破局しました。彼女が大の犬好きで、3匹の犬とともに動物と暮らした経験のない彼と同棲することになったんです。

しかし彼がしつけだと言い張り犬に暴力を振るうようになり、子ども同然にかわいがっている犬を虐待されたと彼女は激怒。きっと子供にも虐待するに違いないと、彼女から別れを切り出していました。

相手が動物好きか、また動物を飼った経験があるかなど、最低限のことは話し合っておくべきですね」(30代・女性)

(3)性格


相性もあるため、あらかじめ確認しておくと良さそうです。

「彼には『猫を飼っているから連れてきていい?』とだけ言って、どんな性格の子かなどは伝えずにいました。しかし、彼は鳴き声が苦手らしく、受け入れられない様子。

さらに、以前にご近所トラブルがあったようで、発情している猫にいい印象を抱いていなかったんです。猫の行動範囲を限定すればいいのかもしれませんが、それはかわいそうで。同棲しなければよかったと後悔しました」(20代・女性)

きちんと話し合わないと、のちにトラブルに発展するかもしれません。

・合わせて読みたい→EXIT兼近「トラウマになって…」 動物と関わらないようにしている理由

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ