『TOKYO MER』最終回放送後 鈴木亮平、賀来賢人らMERチームオフショット投稿に大反響 「最高のチーム」「続編、映画化希望」の声

クランクイン!

 俳優の鈴木亮平が主演する日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系/毎週日曜21時)が12日、最終回の第11話が放送された。放送直後、番組公式インスタグラムが、MERメンバーのオフショットを公開し、視聴者へメッセージを送った。

放送直後、公式インスタグラムが「最終話ご覧いただき、ありがとうございました」と投稿したのは、主演の鈴木を中心に、賀来賢人、中条あやみ、菜々緒、小手伸也、佐野勇斗、フォンチーの仲睦まじいMERチームのオフショット。

続けて「皆さんのたくさんの応援のおかげで、約5か月に及ぶ撮影を駆け抜けることができました MERチームの熱い闘いが少しでも皆さんの勇気になれたらと思います」と感謝を伝え、「MERロスと言っているそこのあなた!まだロスとは言わせませんよ 明日からクランクアップの写真を公開していきます」とつづっている。

この「今までで一番感動したドラマ‼ありがとうございました」「最高のチームの誕生ですね!続編楽しみにしています」「続編、映画化お願いします」「最終話最高でした!!喜多見チーフが現着したシーン、音羽先生が泣いたシーンで泣きました」「もう感動しました、終始涙腺崩壊してました」「最高としか言えない!また、皆さんに会いたいです」と視聴者から大きな反響が寄せられている。

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』公式インスタグラム(@tokyo_mer_tbs)

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ