元看板アナ・木村郁美“TBS退社”に憶測「何で今さら…」「体調大丈夫なの」

まいじつ


(C)Medvid.com / Shutterstock 

TBSの元アナウンサーで、メディアビジネス局に勤務していた木村郁美が、同局を退社したことが分かった。退社理由は明らかになっていないが、関係者の話によると〝一身上の理由〟だという。

木村は1996年4月、TBSにアナウンサーとして入社。98年から99年にかけては『チューボーですよ!』や『はなまるマーケット』など、最大9本のレギュラーを抱える売れっ子となった。2006年に元プロテニスプレイヤーでスポーツマネジメント会社『スカンヂナビア』社長の杉澤修一氏と結婚したが、09年5月に離婚。原因は夫の金銭問題だった。その後、14年に会社経営者と再婚。18年7月からメディアビジネス局へ異動し、アナウンス職から離れていた。

「木村といえば、元夫の杉澤氏の借金問題が思い出されますね。杉澤氏の経営するコンサルタント会社は、『東北楽天ゴールデンイーグルス』の運営業務を委託されていましたが、杉澤氏が球団管理費を別の事業に流用していたことが発覚。楽天との契約が解除され、資金繰りが悪化して24億円の負債を抱えて破産しました。木村は自己資金から5000万円を貸し付けていましたが、すべてを失い、逆に3億4000万円の債務を背負うといわれていましたね。当時、木村は頬がゲッソリとコケるほど激ヤセしていて、視聴者から心配の声があがっていました」(女子アナウオッチャー)

木村郁美の“退社”に心配の声


もっとも、そんな窮地に陥った木村に、社内の人間は決して同情的ではなかったという。村澤氏と結婚してから「ウチの旦那はかなりのやり手」とアピールしていたため、周囲はかなり辟易。本人もアナウンス部に居づらかったのではないだろうか。

木村の退社にファンからは、

《体調大丈夫なのかな。びっくりする位、痩せてしまっていたからね。仕事辞めて休むのはいいと思います》
《別れた旦那さんが金銭トラブル。それからあまり見なくなったよね。その旦那さんはその後、お縄になった。いまの旦那さんと平穏なら良いけど…》
《入社当時は健康的な笑顔のアナウンサーだったのに、数年前にビックリするくらい痩せこけてたよね。またなんかあったのかな?》
《この歳まで勤めたのに何で今さら辞めるか分かりませんが、もしかしたらメンタルやられちゃったのかもな。ゆっくり休んでください》

などといった声が寄せられている。

木村は入社時から大人気だっただけに、前夫とのトラブルがなければ今頃、フリーになって大活躍していた可能性もある。退社後はひとまず専業主婦になるといわれているが、第二の人生を大いに楽しんでもらいたいものだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ