今注目のセクションカラーって?インナーカラーよりもスタイリッシュな人気ヘア

folk

注目のヘアカラー・セクションカラー特集


最近注目のセクションカラー。セクションカラーとはグラデーションカラーやインナーカラーと同じように全体ではなく、一部にカラーリングを施すテクニックですが、ほかの方法よりもカラーのコントラストが強いのが特徴です。

そこで今回は、そんなセクションカラーを使ったヘアスタイルをカラーリングの方法別にご紹介します。

【グラデーション】セクションカラーの髪型

暗髪でもトレンド感が出せるセクションカラー


暗髪でもトレンド感が出せるセクションカラー

instagram(@kenjikunn1)

セクションカラーのうれしいポイントはコントラストがつくヘアカラーなので、黒髪ベースや暗髪との相性がいいところ。

こちらは黒髪見えするトップから、毛先に向かった明るめのライラックカラーになるようにグラデーションカラーを作っています。

少し長めの暗髪ボブのままでは少し物足りない気持ちになりますが、人気のセクションカラーならトレンドのヘアスタイルに。

つながりがきれいなセクションカラー


つながりがきれいなセクションカラー

https://beauty.yahoo.co.jp/

人気のココアブラウンからピンクベージュへのグラデーションがきれいなロングのセクションカラー。

毛先に行くほど明るくなるカラーと、柔らかいウェーブがマッチするヘアスタイルですね。

全体をブリーチありで毛先のような明るめのピンクベージュにしようと思うとダメージが心配ですが、トップをブリーチなしで仕上げる髪色なら安心。

インパクトのあるセクションカラー


インパクトのあるセクションカラー

instagram(@kenjikunn1)

グラデーションカラーでも毛先以外をダークにまとめると人気のセクションカラーの色味が際立って、よりコントラストを感じる仕上がりになりますね。

人気のオレンジ系のカラーの中でも、落ち着きのあるベージュとキャメルの入った色味なら暗髪や黒髪との相性も良く、ブリーチありで発色がいい明るめのヘアスタイルも挑戦しやすいですね。

【バレイヤージュ】セクションカラーの髪型

表情が楽しめるセクションカラー


表情が楽しめるセクションカラー

https://beauty.yahoo.co.jp/

箒や筆で掃くように表面にヘアカラーを施す人気のバレイヤージュも、コントラストの強いセクションカラーなら明るめの髪色を楽しめますね。

こちらのヘアスタイルは毛先だけでなく途中からハイライトのようにヘアカラーを入れているので、立体感のあるミディアムに仕上がっています。

ブリーチなしのトップとブリーチありのハイトーン部分のなじみがいいヘアスタイル。

コントラストを楽しむセクションカラー


コントラストを楽しむセクションカラー

https://beauty.yahoo.co.jp/

ブリーチなしで黒髪ベースのトップから、毛先とインナーに入れた金髪見えするハイトーンがおしゃれなセクションカラー。

トップがしっとりとしたブルネット系のヘアスタイルなので、人気の外国人風ヘアカラーが上手に作れています。

内側には多めにハイトーンのカラーを入れているので、アレンジのときの色の違いも楽しめるロングヘア。

目立つのにわざとらしくないセクションカラー


目立つのにわざとらしくないセクションカラー

https://beauty.yahoo.co.jp/

筆で掃いたようにカラーを入れる人気のバレイヤージュは、グリーン系のように目立つカラーでも途中から自然になじむようになっているのでやりすぎた印象がありません。

トップに透明感のあるヘアカラーをブリーチなしで入れて、毛先と同じようにツヤが出るようにしているのも、わざとらしく見えないヘアスタイルを作るテクニック。

【ハイライト】セクションカラーの髪型

伸ばしかけを楽しめるセクションカラー


伸ばしかけを楽しめるセクションカラー

https://beauty.yahoo.co.jp/

ロングヘアにブリーチありで、グレージュ系のハイライトを入れるセクションカラー。

トップに近い位置からハイライトを明るめの色味で入れてあげることで、立体感が出やすいだけでなく大人女性が気になる白髪が出ても目立たないようなヘアスタイルに仕上げています。

人気のグレージュ系のヘアカラーは、毛先が明るめでも落ち着いて見えるヘアカラー。

ボリュームアップできるセクションカラー


ボリュームアップできるセクションカラー

https://www.beauty-box.jp/

同じハイライトでもショートだと明るめのヘアカラーが多く見えて、華やかな印象のヘアスタイルになりますね。

通常のハイライトよりもコントラストを強めにするセクションカラーなので、ふんわりとボリュームが出てハンドブローでもスタイリングが決まりやすいヘアスタイルが作れます。

くせ毛の方なら人気のくせをいかしたスタイリングができそう。

白髪染めにもおすすめのセクションカラー


白髪染めにもおすすめのセクションカラー

https://www.beauty-box.jp/

ダークブラウンと明るめのアッシュベージュのコントラストがきれいなセクションカラー。

扱いやすいと人気の前髪なしのボブがトレンド感いっぱいのヘアスタイルに仕上がっています。

こちらは白髪染め用に全体をダークカラーで染めてから、内側とハイライトにハイトーンを入れることで退色してきても白髪が気になりづらいヘアスタイルが完成。

【インナー】セクションカラーの髪型

耳元が華やぐセクションカラー


耳元が華やぐセクションカラー

instagram(@kazutoyo136)

スタイリング次第でヘアカラーの分量を変えられると人気のインナーカラー。

セクションカラーを使えばより上の髪と内側の髪の色味の違いが出て、アレンジが楽しくなりますよ。

こちらは赤味のある暗めのブラウンの内側にピンクカラーを入れています。

耳元に明るくて柔らかいヘアカラーが来ると、顔周りが明るく華やかに見えますよね。

黒髪見えするセクションカラー


黒髪見えするセクションカラー

https://beauty.yahoo.co.jp/

肩に届くストレートヘアの暗髪に、透明感が出ると人気のパープル系カラーを入れているセクションカラー。

ハイトーンのカラーを少なめにすることで、上の髪をおろしているときには黒髪見えするヘアスタイルです。

ベースとインナーカラーのコントラストがとても強いので、暗髪のストレートヘアをさまざまな表情に変化させることができますね。

ヘアアレンジが楽しいセクションカラー


ヘアアレンジが楽しいセクションカラー

instagram(@kazutoyo136)

こちらもダークカラーのベースとハイトーンのコントラストが楽しいミディアムヘア。

インナーカラーはとてもハイトーンですが、明るめでも落ち着きが出ると人気のベージュ系のヘアカラーなのでまとまりがあります。

長めに残している前髪もベースよりも少し明るめにカラーリングすることで、グラデーションの用に仕上がっています。

【フェイスフレーミング】セクションカラーの髪型

顔周りが明るくなるセクションカラー


顔周りが明るくなるセクションカラー

https://beauty.yahoo.co.jp/

フェイスフレーミングはもみあげなどにヘアカラーを入れるのはインナーカラーと同じなのですが、顔の周りに枠を作るように前髪にもカラーを入れるのが特徴。

顔周りが明るくなると人気のカラーリングテクニックです。

こちらはダークブラウンのベースに顔周りにだけグレー系のハイトーンをブリーチありで入れることで、セクションカラーをおしゃれに仕上げています。

シンプルなのにおしゃれなセクションカラー


シンプルなのにおしゃれなセクションカラー

instagram(@kazutoyo136)

こちらもブリーチありで、セクションカラーに仕上げたフェイスフレーミングのボブ。

前髪にはダークトーンとハイトーンの毛束が混在しているので、スタイリングに手をかけなくても束感と透け感のあるおしゃれな前髪が作れるヘアスタイルです。

コントラストの強いフェイスラインの髪の毛が、色白の肌をよりきれいに見せていますね。

インパクトが魅力のセクションカラー


インパクトが魅力のセクションカラー

instagram(@kazutoyo136)

ベースのカラーをハイトーンにしたような色味が多いフェイスフレーミングカラーですが、インパクトのあるカラーを入れるとより顔周りが華やぎますよ。

きれいなシルエットながらシンプルなショートボブも、明るめのブラウンにピンク系のセクションカラーを入れることで、ぐっと華やかでトレンド感のあるヘアスタイルに仕上がっています。

セクションカラーでヘアカラーを楽しもう


一般的なヘアカラーやデザインカラーよりもコントラストが強めでより色味が強調されると人気のセクションカラーをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ブリーチあり・ブリーチなしでも印象が変わりますが、黒髪や暗髪との相性もいいカラーリングなので、大人女性にもピッタリですよね。

ぜひおしゃれなセクションカラーで、ヘアスタイルを楽しんでくださいね。

当記事はfolkの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ