『ハコヅメ』大ヒットは想定外!? コメディードラマブーム到来の予感

まいじつ

ハコヅメ ~たたかう!交番女子~  永野芽郁  戸田恵梨香 
ハコヅメ ~たたかう!交番女子~  永野芽郁  戸田恵梨香 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

俳優の戸田恵梨香と永野芽郁がダブル主演する連続ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系)が、今期ナンバーワン作品だと評する声が多い。これにより、ドラマ界には激震が走っているようだ。

青年漫画誌『モーニング』で連載中の漫画「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」が原作で、戸田が演じる元エース刑事と、永野演じる天然の新人警察官のコンビの奮闘を描くコメディータッチのドラマ『ハコヅメ』。初回の世帯平均視聴率が11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と好調だったが、そこからもずっと好調を維持。東京五輪に被った回をのぞいてはすべて二桁台の視聴率で、8月18日放送の第5話にいたっては12.5%を記録している。

「前クールの石原さとみ&綾野剛の恋愛ドラマ『恋はDeepに』がキングオブクソドラマだったことから、日テレのドラマ制作陣には批判の声が多く寄せられていましたが、『ハコヅメ』によって見事に評判を覆しましたね。刑事ドラマにありがちなシリアスな展開や大きな事件を扱うといったことはせず、警察官の日常をコメディータッチで描いていることが、新鮮味があって大ウケしたようです。ギャグシーンはほとんど外しておらず、幅広い層に刺さっているのがお見事ですね」(芸能記者)

キワモノだったコメディードラマが王道へ…


この『ハコヅメ』の躍進は、ドラマ関係者の間でも話題になっているという。

「今までも『今日から俺は!!』(日本テレビ系)や『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)などコメディードラマが話題になることはあったのですが、『ハコヅメ』の話題になりかたは別次元。前者はあくまで〝キワモノ〟として話題になっているに過ぎなかったのですが、『ハコヅメ』は真っ当に評価されていますからね。コメディードラマがここまで数字も話題性もかっさらったことで、各局では〝第2のハコヅメ〟を探そうと躍起になっていますよ」(テレビ局関係者)

ここ数年はラブコメブームが来ている日本のドラマ界だが、今度はコメディードラマが席巻していくかもしれない。



当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ