SixTONES京本大我“人間国宝”の親戚発覚 自身のルーツに感激

モデルプレス

【モデルプレス=2021/09/11】嵐・相葉雅紀がMCを務める「はじめまして!一番遠い親戚さん」(19時~日本テレビ系)が20日に放送される。第4弾となった今回も、ゲストの親戚さんを探っていく。

◆京本大我、親戚に“人間国宝”



京本政樹を父に持ち、自身はSixTONESのメンバーとして、大活躍する京本大我。歌唱力のみならず、絵が得意だったり、多才な一面が注目されている京本と親戚さんたちは、元プロミュージシャンである分野で日本の伝統を築き上げた“人間国宝”、人々の生活を大いに助けた“重要文化的景観”を作った人物など。意外な親戚さんたちにスタジオゲストたちも「すごい!」と大興奮。

京本も「想像以上にグッときました」「遺伝なのかな?」と、奇跡的な自身のルーツに思わず感激してしまう。

◆DAIGO、今回も驚くべき親戚発覚



元内閣総理大臣・竹下登を祖父に持ち、これまで、西郷隆盛、岩倉具視、ジョン・レノン、瀧廉太郎ほか、有名自動車メーカー創業者や財閥などなど、各界に名だたる親戚さんがいることが当番組で判明してきたDAIGO。芸能界でも、加山雄三、千葉雄大、黒木瞳とのつながりが過去2回でも判明していた。

そんなDAIGOの遠い親戚さんを探しはじめて1年半以上、今回も新たに驚くべき親戚さんとのつながりが発覚。“現紙幣”“新紙幣”とお札に登場する偉人たちから、世界のVIPが宿泊する名門ホテルの元会長など、DAIGO自身も更なるつながりに然とする。

そうそうたる顔ぶれに、スタジオメンバーも「宇宙の広がりを見ているよう…」と圧倒されてしまうほど。さらにスポーツ界から“日本初”を成し遂げた親戚さんも発見される。

◆松丸亮吾、親戚に元内閣総理大臣



東大・謎解きクリエイターの松丸亮吾の親戚には夢を追い、夢を与える親戚さんたちが続々。元内閣総理大臣、劇作家、謎解きキッズ、さらに芸能人とも対戦した世界チャンピオンの親戚さんも。あまりの共通点の多さに松丸は、「ルーツが見えた気がした」と驚きの連続だった。

なお、ほか武田鉄矢・田村淳・峯岸みなみの親戚さんも調査する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ