首位は武田真治…男が選ぶ“オトコの理想ボディ”ランキングに見る共通点

アサ芸プラス


 先ごろ、オリコンが「男性が選ぶ“理想のボディ”ランキング」を発表。武田真治が昨年に続き首位を獲得した。

以下トップ10は、2位:西島秀俊、3位:鈴木亮平、4位:佐藤健、5位:阿部寛、6位:稲葉浩志、7位:東山紀之、8位:横浜流星、9位:岡田准一、10位:ケイン・コスギ。首位の武田は、2018年に一大ブームを巻き起こした「みんなで筋肉体操」(NHK)に出演。自身のYouTubeチャンネルでもベンチプレス、筋肉ダンス、筋肉ルーティーンなど、自慢の肉体を視聴者に見せつけている。

2位の西島は昨年4位からのランクアップ。13年のNHK大河ドラマ「八重の桜」でマッチョボディを披露して大ブレイク。以降、“隠れマッチョ”俳優として長年支持されている。3位の鈴木亮平は初のランクイン。役によってストイックに体型を変え、15年にはドラマ「天皇の料理番」(TBS系)で、病弱な役を演じるため体重20kg減量。同年10月公開の映画「俺物語!!」では30kg増量したことも注目された。

「今回のトップ10にランクインした男性タレントの平均年齢は44.6歳。最高齢は57歳の阿部、一番若いのは24歳の横浜となっています。40~50代の“イケオジ”が多いのと、 ガチムチではなくて、脱いだら凄い細マッチョ系が顔を揃えているが特徴ですね」(芸能ライター)

あなたはどの体型になってみたい!?

(鈴木十朗)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ