ちょっとお節介すぎるかも…?同性から「嫌われがちなLINE」とは

恋愛jp


女性同士のLINEは、異性より壁が薄いぶん、ついお節介な発言をしてしまいがち。
地雷発言をしたあげく、相手から嫌われてしまった人もいるようです。

今回は、同性から嫌われがちなLINEを4つご紹介します!

(1)「あなたのことを思って言っているのに……」上から目線でアドバイス


相手のことを思うがあまり、つい口調が荒くなる女性が多いです。
上から目線でアドバイスしたり、「あなたのことを思って言っているのに……」と被害者ズラした態度をとったりされると、LINEを見ただけで嫌気がさします。

「同性だから多少大丈夫」と思わず、気遣いあるLINEを心がけたいですね。

(2)「〇〇ちゃんはいいよね~」嫉妬や僻み


どこかから女性の交際話や仕事で評価された話を聞くと、わざわざ本人にLINEを送る女性がいます。
建前は「おめでとう」といっても、「〇〇ちゃんはいいよね~」とどこか嫉妬や僻みを感じる内容です。

言われた側は返事に困りますし、「わざわざそれを言うためにLINEしてきたの?」と呆れてしまいます。

(3)「またナンパされちゃった~」異性に関する自慢


モテ自慢は、他人から指摘されてから言える話題で、自分から話していい内容ではありません。
LINEで突然「またナンパされちゃった~」と自慢が届くと、思わず既読無視したくなるもの。

同性に嫌われやすい女性は、男がらみの話題が多いのも特徴です。

(4)「私なんて生きている価値がない……」ネガティブを通り越してメンヘラ化


人間だれしも気持ちが弱くなったり、落ち込んだりする瞬間はあります。
そんな時は、誰かに相談したり愚痴を言ったりして乗り切る女性も多いです。

しかし、「生きる資格がない」といった、ネガティブを通り越してメンヘラLINEを送るのは、相手が受け止めきれないので避けましょう。

同性に嫌われがちなLINEは、よかれと思ってやっている内容や悪意がある内容などいろいろあります。
同性の友達が減らないように、LINEのやりとりは気を付けていきましょう!

(恋愛jp編集部)

当記事は恋愛jpの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ