お腹を30秒伸ばすだけ。腹筋運動よりラクちん【お腹の贅肉を落とす】簡単習慣

beauty news tokyo


お腹を凹ませたい時、「まずは腹筋運動!」という方は少なくないと思います。でも、実はお腹を縮ませる腹筋運動よりも、お腹を伸ばす方がお腹の引き締めには効果的というのをご存知でしょうか? そこで習慣に採り入れたいのが、お腹をしっかり伸ばすヨガの定番ポーズ【木のポーズ】になります。

木のポーズ ※座って行うアレンジバージョン


一般的には立って行うポーズですが、体のバランスをキープするのが難しいので、今回は座ったままで行う簡単なアレンジバージョンを紹介。お腹の筋肉を伸ばすだけでなく背骨や体幹部も伸びるので、内臓の位置が適正な位置に戻り、より腰周りがスッキリしていく効果を期待できます。

(1)床にあぐらで座り、両手を太ももの上に置く



(2)背筋を真っ直ぐにしたまま、両腕を上げる



(3)頭の上で両手の甲を合わせて、ゆっくり呼吸しながら3呼吸(約30秒間)キープする



なお、手の甲を合わせるのが難しい場合は、手の平を合わせる形(下写真)でOKです。



期待する効果を得るためには、とにかく「お腹、体幹、背骨をしっかり伸ばすこと」がポイント。実践中は天井方向に伸び上がる感じを十分に感じましょう。ただし、頑張って体を伸ばすあまり、肩が上に上がって顔が埋もれてしまうと効果を得られないので、肩や首は力を抜いて、リラックスしながら実践しましょう。

お腹をしっかり伸びすことでお腹を凹ませつつ、背骨を伸ばすことで縮こまっていた姿勢がシャキッとするこのポーズ。ぜひ習慣化して腰周りの贅肉を落としていきましょうね。<ヨガ監修:Minami(インストラクター歴4年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ