カズレーザー信者が『Qさま』のヤラセを指摘! クイズ敗北で大御所に矛先…

まいじつ

カズレーザー 
カズレーザー (C)まいじつ 

ズレズレのコメントや、矛盾までも〝正論〟として報じられることでおなじみの『メイプル超合金』カズレーザーが、9月6日放送の『Qさま!! 3時間SP』(テレビ朝日系)に出演。健闘及ばず途中敗退したが、なんとカズ信者がこれを〝不正〟だと叫び始めたのだ。

普段はチーム対抗戦の同番組だが、今回は2年ぶりに個人戦を開催。多彩なジャンルからクイズを出題し、優勝を懸けて熾烈なクイズバトルが繰り広げられた。バトルはステージごとに下位数名が脱落していくシステムで、番組中盤には、上位10名のみが次のステージへ進めることに。同ステージ残り3問時点で12位と当落線上のカズは、10位の伊集院光、11位の名取裕子とそのイスを争っていく。

ここでカズは正解し、ランクは10位へ上がって生き残り圏内に。伊集院が11位、名取が12位に落ち、この順位のままステージ最終問題を迎える。ここで出題されたのは「世界最大のカルデラがあるこの国はどこ?」というVTR問題で、伊集院は「アメリカ」と早押しするも不正解。これで12位に落ちて脱落が決まり、最後のひと枠はカズと名取の争いとなった。

カズレーザー信者が大暴走! やらせを唱えるカルト化…


ピンクビーチや独自の音楽・舞踊といったヒントが流れると、名取はボタンを押して「インドネシア」と解答。手を合わせて祈ると正解のチャイムが鳴り、これでカズは脱落が決まったのだった。すると、この結果が不満だったカズの信者は、突如としてネット上で大発狂。

《確実に名取さんのためにカズレーザーは答えなかったよな》
《カズレーザーは名取残すためにわざと落ちた。インドネシアは100%わかったはず。やらせや》
《カズレーザー予選落ちなん意味わからん》
《カズレーザーファンを落ち込ませるQさまのやり方に腸が煮えくり返った》
《完全にやってるだろこれw カズレーザー空気読んだ説》
《カズがガムランわからない筈ないと思うんだよね…忖度か?》
《カズレーザー手抜いたよね》

などカズの知識不足を棚に上げ、ヤラセ説を唱え始めたのだ。

「自分の気に入らない結果だからといって陰謀論を唱えだすとは、まるでオウム真理教かQアノンのようですね。オウムは1990年の総選挙に『真理党』として幹部一同が立候補しましたが、教祖・麻原彰晃を含めて全員落選すると、突如として『票の操作がなされている』など〝不正選挙〟を唱え出して発狂し、武装化。記憶に新しいQアノンは昨年の米大統領選挙で、集計中の映像を『票のすり替えの証拠』などと勘違いで荒唐無稽な主張をし、同じく不正選挙を訴えました」(週刊誌記者)

渡辺直美が侮辱された五輪開会式案問題では、本人が涙ながらに不快感を訴えたにもかかわらず、憶測で「この件について何とも思ってないはず」と真逆の代弁をしたカズ。しかし、これすら称賛するファンがいたのだから、不正を叫ぶほど先鋭化した人間がいても不思議ではない。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ