ガンプラは世界的ブームに。国内問屋は品薄が続き、またぞろ転売ヤーも暗躍

日刊SPA!

―[得する!使える!ガジェット裏マニュアル]―

◆アジア圏、アメリカにもファン

リアルロボットの代名詞とも言える機動戦士ガンダム。最近では日本だけでなく、中国を始めとしたアジア圏やアメリカなど様々な国にもファンが存在するほどの大コンテンツとなっています。

2018年に公開されたSF映画「レディ・プレイヤー1」ではクライマックスシーンにRX-78-2ガンダムが登場、2021年4月にはNetflixで実写映画化が発表されるほどです。

ちなみに日本のマニアにどのガンダムが良いかと聞けば大抵の人は「宇宙世紀シリーズ」と答えるでしょう。

2021年6月には宇宙世紀シリーズでもコア層に人気の高かった閃光のハサウェイが劇場上映、10月には宇宙世紀の新たな100年を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクトの第一弾として「機動戦士ガンダムNT」が放送開始します。

◆ロボットマニアの間では“別格の存在”

しかしながら、お隣の中国ではガンダムと言えば2002年~2003年に放送された「機動戦士ガンダムSEED」及び、2004年~2005年にかけて放送された続編の「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」がカンダムの始祖。今でこそSEED以外のシリーズも広く人気を集めていますが、中国のガンダムマニアにとってはSEEDシリーズが日本のファーストガンダムに匹敵する状況となっているのです。

今ではリアルロボット物も数多のアニメが作られ、世に送り出されていますが、日本だけでなく、アジア圏でも「ガンダム」は別格の存在としてロボットマニアの中に君臨しているようです。

そんなガンダムシリーズですが、今現在深刻な問題となっているのが「ガンプラ品薄現象」。

ガンプラ購入は、全国の模型店や家電量販店だけでなく、バンダイの通販サイト「プレミアムバンダイ」、東京都江東区にある「ダイバーシティー」、福岡「キャナルシティ」のガンダム専門ショップ「THE GUNDAM BASE」。名古屋・京都の「THE GUNDAM BASE SATELLITE」、中国・台湾・韓国の「THE GUNDAM BASE」でも購入することが出来ます。

特にガンダムベースでは、ガンダムベース限定のガンプラもラインアップされているという事もあり、コロナ前は世界中のガンダムファンが訪れ、訪日客による爆買の対象になるほどでした。

◆ガンプラは慢性的な品薄状態

そんなガンプラですが、近ごろ玩具問屋にガンプラが入荷せず、模型店や家電量販店に入荷しない、あるいは入荷してもごく少量といった問題が起きています。

爆買騒動の頃から「欲しいガンプラが購入できない!」といった声も度々上がっていましたが、コロナにより爆買が終わった今でもガンプラが購入できないといった現象が起きています。

模型業界に詳しい識者によると現在バンダイは中国にガンダムベースを展開している兼ね合いから、輸出に力を入れており中国のガンダムベースの在庫を優先。国内では同様にガンダムベースの在庫確保を優先しているので、国内問屋が後回しにされているといいます。

◆ガンプラにも転売ヤーの陰

バンダイでは2020年12月より新工場も稼働し、プラモデルの生産能力を強化しているようですが、根底には新型コロナウイルスによる「巣ごもり需要」があり、品薄状態はまだまだ続くのでは無いかと言う予想も関係者の間では囁かれているようです。

この状況に拍車をかけているのが、転売ヤーと呼ばれる人たち。人気ガンプラは定価の数倍で取引される事もあり、ガンプラ転売は転売ヤーの飯の種。国内で転売せず、海外へ積極的に転売している層もいるため、現在の品薄に更に拍車をかけているといった状況です。

7月には模型雑誌の「月刊ホビージャパン」の社員が転売を容認する発言をSNS上で行い大炎上しましたが、転売屋に頼らずに購入するのが非常に難しいという現状もあります。

直販サイトのプレミアムバンダイでは新製品や再販の予約販売を受け付けていますが、人気アイテムは販売開始と同時に完売。2次受注や3次受注もあるが、入手できるのが数カ月先となっておりスグに手に入らず結果的に転売商品に手を出してしまったという声もSNS上では拾うことが出来ます。

いろいろ難しい状況ではありますが、ガンプラを手にする機会があったら転売や積みプラをせず、素組でも良いので組み立てて、最新のプラモデルのクオリティを堪能して欲しいところです。<文/板倉正道>

―[得する!使える!ガジェット裏マニュアル]―

【板倉正道】

テクニカルライター。三才ブックスのマニア誌『ラジオライフ』にてガジェットや分解記事を執筆。買ったら使用前に分解するのがライフワーク

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ