芸能人たちの“厄年”道重さゆみに思わぬ悲劇、テニミュ・平野良が「役者は厄を払わない」ジンクスを破った顛末は

歌手でタレントの道重さゆみや中川翔子が、身の回りで起きた不運な出来事を厄年のせいではないかとほのめかしている。一方、ミュージカル『テニスの王子様』で知られる俳優・平野良はブログで「役者は厄を払わない」というジンクスを破った過去とその顛末を明かしていた。芸能人は厄年のような縁起を担ぐ傾向にあるかと思いきや、捉え方は様々なようだ。

モーニング娘。の元メンバーで8代目リーダーを務めた道重さゆみ。自身のブログで9月3日夜10時頃に「さっき30分くらいかけて作ったブログが どっこにもないでーーす! はーい! 厄年でーーーーす!」と嘆いた。今年の7月13日で32歳になった道重は、数え年33歳で「女性の大厄」とされる。しかし「あ、そうでした、私は厄年でした。と、急に冷静な心になり もう一度作ろーーーーーう!」とめげずに完成したブログ記事を公開したところ、読者から「一度ブログが消えてしまってお疲れ様です。それでも頑張って更新してくれてありがとうございます!」、「厄年で立ち直れるさゆみん最高だね(笑)」と反響があった。

5月5日に36歳の誕生日を迎えた中川翔子は、1985年生まれで数えの37歳だから「女性の本厄」にあたる。昨年1月にTwitterで「なんと三十代は厄年が二回くるという事に気付いて、厄払いにきました! …これでスッキリ開運!」と安心していた中川。ところが、今年の2月25日にバッグが肩から落ちて入っていた香水が割れてびしゃびしゃになってしまい「カード止められてまで頑張って買ったプラダのバッグオワタ、、、きのうから不運すぎて厄年感やばい…どうしてつづけざまに色々」と落ち込んでいた。ただ最近はYouTubeチャンネルで公開した『100億年ぶりの水着…。恥ずかし過ぎて泣きそう…。』がおよそ1週間で再生回数800万回を軽く超えるほどバズっており、厄年の不安も吹っ飛んだのではないか。

女性と男性は厄年が違い、1984年5月20日生まれの平野良は2008年が「本厄」だった。昨年5月1日にブログを「厄と役」のタイトルで更新すると「私には『全てを失った日』という過去がある」と振り返っていた。その年は年始からインフルエンザにかかったり、胃腸炎や麻疹になって次々と病気に見舞われたうえになぜか失くし物が多く、想い出の品や貴重品などを失くしては自分を責めたという。当時は事務所に所属していたもののまだ派遣社員として働いており、年末に会社の忘年会からの帰り道に公園のベンチで休んでいたところ数分の間に鞄ごと置き引きにあってしまい、「今年はやはり何かがおかしい」と考えた末に「前厄だからだ」と思い至ったそうだ。

俳優の須賀健太は以前、2018年10月に行われたドラマ『江戸前の旬』(BSテレ東)の記者会見で「今年は厄年なのですが、役者は厄を払わない。厄年は良い役が付くということで…」と同ドラマの主演に感謝していた。しかし「全てを失った日」を経験した平野良は「『役者は役が逃げてしまうので、厄除けをしてはならない』なんてことをよく聞きますが、知ったことではない。こちとら命がかかっているのだ」と元日にお寺で厄払いをしたという。そうやって迎えた本厄の2008年、舞台『ラフカット2008~愛のメモリー』(10月上演)のオーディションに合格したうえ同年12月から『ミュージカル テニスの王子様』で一氏ユウジ役を演じることになる。今や舞台『真・三國無双 ~荊州争奪戦IF~』(9月上演)で周瑜役を務め、『朗読活劇 信長を殺した男2021』(11月26日開幕予定)で明智光秀役を演じるのだから感慨深い。

厄年をどのように捉えるかはそれぞれ差があり、コピーライターでエッセイストの糸井重里氏は今年1月にTwitterで「2歳から4歳の同い年の子ども全員が厄年?! これはもう、いっそ笑っちゃおう」とつぶやいている。ロックバンド・凛として時雨でドラムを担当するピエール中野は7月7日に「いつか来るとは思っていたけど、ショックでかいな」と意味深に切り出して「40歳からは悲しいことの方が多くなると感じるし、厄年だったり、よく言われる鬱傾向になるのも納得できる…」とツイートしていた。

画像は『道重さゆみ 2021年9月5日付Instagram「わー! さっきの投稿、10枚目真っ黒やん!」』『道重さゆみ 2021年9月3日付オフィシャルブログ「Blu-ray発売」』『平野良 2021年5月20日付Twitter「たくさんお祝いコメントありがとうございます。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ