『TOKYO MER』コロナで脚本ボロボロ…“見せ場変更”に落胆「残念だ」

まいじつ

TOKYO MER~走る緊急救命室~ 鈴木亮平 
TOKYO MER~走る緊急救命室~ 鈴木亮平 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

9月5日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第10話が放送された。新型コロナウイルスの影響と思われる不自然なシーンがあり、落胆の声が広がっている。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師のホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり、医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第10話では、大学で爆破事件が発生する。救助のため駆け付けた喜多見と音羽だったが、それは更なる爆破テロを仕掛けたエリオット・椿(城田優)の罠だった。教室で応急処置をする喜多見と音羽だが、その教室の中には椿と繋がりをもつ学生がいるという。喜多見らが教室を出ようとすると椿から連絡が入り、また爆破すると脅されたため、その場で待機せざるを得なくなってしまった。

ここで椿は、この事件の現場を指揮している公安と無線を繋ぐ。椿は月島課長(稲森いずみ)を指名したのだが、出てきたのは南という別の男性。月島は本部にいるため、連絡が取れないという。

新型コロナウイルス感染で脚本が変更に?


「稲森は8月25日に新型コロナウイルスの陽性反応が出ました。そのため撮影に参加できなくなり、本来は椿と月島がこの回で対峙する予定だったのを、急遽変更したのでしょう。校舎に閉じ込められた喜多見たちを救う役割も月島の部下たちがやっていたのですが、ここも本来なら月島の見せ場だったはず。喜多見と対立していた月島が、味方に回る重要なエピソードになるはずだっただけに、残念でなりませんね」(芸能記者)

ネット上でもこの回の不自然な脚本を指摘する声は多く、

《コロナで仕方なかったとはいえ、最後にMERに協力する月島を見たかったな》
《公安に月島さんいないの違和感すごい…寂しい 改めて存在感の凄さを認知した》
《刑事が校舎の扉を開放するシーンは、本来冷酷な月島刑事役の稲森いずみが演じる筈だったんだろうな。月島刑事の人間的な一面が垣間見えるエモい見せ場だったのだろうが、顔も覚えてない代役刑事では盛り上がらないな…》
《ここは月島のシーンだったはず…と思うところがちょいちょいですね…》
《本当は月島さんが喜多見チーフを認め始める展開だったんだと考えるとちょっと残念かなぁ… このままじゃ月島さんただの嫌な人のままになってしまう》

といった反響が起こっている。

稲森本人も、さぞかし残念がっていることだろう。



当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ