確かに周りにひとりはいるかも… 「意識高い系」が使いがちな言葉

fumumu

職場(Kavuto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
意識高い人ではなく”意識高い系”の人って、一生懸命意識の高い自分を演じて、ついでに周りにそれをアピールしていて…なんかちょっと胡散臭いですよね?

そういう人って、独特の口癖があったりするんです。そう、口癖だけでもすぐ意識高い系というのがバレるということ。

そこでfumumu取材班は、意識高い系の人が使いがちな言葉を聞いてみました。

■普通って何?


「『俺はみんなと違って凡人じゃない、クリエイティブだ!』と思い込んでいる人って結構な確率で相手の言葉の中に出てきた”普通”に対し『普通って何?』っていちいち聞き返す。

あとは、ことあるごとに『常識にとらわれちゃダメだよ』的なことを言ってくる…。型破りの押し売りとか別にいらないのに。

たぶん、固定概念を捨てなよとか思ってるんだろうけど、こういう人ほど周りの目を気にして”デキる俺”を無理して演じているじゃん? そういう特殊な概念を捨てなよって思う」(30代・男性)

関連記事:彼にきちんと感謝を伝えるのも大事…どんなタイミングで伝えてる?

■〇〇に感謝!


「感謝できる心はすてきだけど、何かにつけてSNSに感謝感謝って書き込むと、感謝の安売り感が強いし、”感謝できる私、すてきでしょ?”アピールにも感じる。

本当に誰かに感謝をしているのなら、直接その人に言えばいいのに、わざわざSNSで書いてみんなに見せるとか…あざといでしょ。感謝感謝うるさい人って、往々にして胡散臭いから苦手」(30代・女性)

■ワークアウト


「意識高い系の人ほど、筋トレのことをわざわざワークアウトって言う気がする。筋トレじゃダメなの…?

意識高い系ってやたら横文字を使いたがるよね。それをかっこいいと思っているのなら、マジでダサいからやめたほうがいいと思う。周りに陰で苦笑されるだけだって」(20代・女性)

あなたの周りにもひとりくらいご紹介したような言葉を使っている人いませんか?

使うも使わないも本人の勝手ですが…頻繁に使っていると結構耳障りだったりしますよね…。

・合わせて読みたい→幸せって呼び込めるの? 自分への満足度が高い人に、意識していることを聞いた

(文/fumumu編集部・美佳)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ