意外な理由で全裸睡眠はNG? 美容整形外科医の動画で長年の論争に終止符か

しらべぇ




全裸睡眠による健康法は、日本でもかつて大きな話題を集めたことがあった。あまり耳にすることも少なくなった昨今ではあるが、今もなお真摯に実行を続けている人もおり、この長年の論争に終止符を打つべく発言した医師がいることを、『Mirror』など海外メディアが報じている。

■人間は毎日おならをする生き物


アメリカ・ミシガン州デトロイトで美容整形外科医を務めるアンソニー・ユン医師いわく、人は通常1日に15~25回ほどおならをするそうで、就寝中も例外ではないとのこと。

そのため、全裸で寝るべきではないと語った動画をTiktokに投稿したことで、話題を集めている。

【動画】全裸睡眠はNGの理由は「おなら」だった

■おならと同時に空を舞うものは…


人がおならをする時には、糞便の粒子も一緒に放出されること、そしてタイトなブリーフがそれをキャッチする役割を果たすことが科学的に明らかになっているという。

それが故に、ユン医師は男性陣に毎日下着を変えること、定期的な寝具の洗濯、そして就寝前のブリーフ着用を推奨し、また決して人の顔の前でおならをしないように警告している。

しかし一方で女性陣には、『婦人科の主治医がパンツを脱いで寝た方が良いと言われたら、それに従ってほしい』とも語っている。

■ブリーフをはくか信念を貫くか


裸寝自体ではなく、おならを理由に全裸睡眠NGという説を唱えたユン医師のTikTokの動画には、75万件近い「いいね」がついている。

衝撃を受けたユーザーからは、「おならは1日15~25回? 自分が他人より秀でているものを一つは見つけられたよ」「俺の寝床、俺が決める」「今後一生一人で寝る」などさまざまな反応が寄せられた。全裸睡眠も、共有空間での豪快なおならも、封印した方が衛生的には良さそうだ。

■医師提唱の全裸睡眠がNGな理由

@tonyyounmd

Why you should never sleep without underpants! #learnontiktok #tiktokpartner #sleep #shart #fart

♬ Pumpkins – Clutch


当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ