カメが疾走!? CG映像に勘違いする人続出「こんなの見たことない!」(米)<動画あり>

カメが異常なスピードで駆け回る姿を捉えた映像が先月29日にInstagramに投稿され、大きな話題呼んでいる。実はこれ、投稿者によって作成されたCGアニメーションなのだ。もちろんカメがこんなに速く走れるはずがなくCGと気づいた人も多かったようだが、妙にリアルな映像に「こんなの初めて見た!」と本物と勘違いしてしまう人が続出しているという。『The Washington Newsday』などが伝えた。

このたび驚きの投稿をしたのは、フィリピンのマニラ出身で米カリフォルニア州バーバンクをベースに活動するアーティストのヴァーノン・ジェームズ・マンラパスさん(Vernon James Manlapaz)だ。

ヴァーノンさんは街や公園などの日常風景の中に、CGを使って動物や食べ物、日用品などを登場させて想像の世界を作り出すアートをInstagramやFacebookなどのSNSに多数投稿している。

これまでに空中を散歩するゾウや巨大な蝶が飛び交う光景、鯉が街中を泳ぐ姿など想像力溢れる面白い作品を投稿しているが、明らかにCG映像だと分かるものばかりだった。

ところが先月29日にヴァーノンさんが投稿した1本の動画は、あまりにもリアルだった。同州にあるディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークのエリア“アベンジャーズ・キャンパス(Avengers Campus)”が撮影地となっている映像では、複数のリクガメが円を描くように元気に走り回っているのだ。

ちなみに世界最速とされているリクガメの“バーティ(Bertie)”の走る速さは、秒速0.28メートル(分速16.8メートル)でギネス記録に認定されている。横浜市スポーツ医科学センターによると20代前半の男性の歩行速度は分速87.6メートルというから、バーティは最速といえどもかなり遅いスピードであることが分かる。

これを踏まえて再び動画を確認すると、カメたちが走るスピードはどう考えても速すぎる。しかし木漏れ日の加減やカメの影なども精巧に作り込まれているため妙にリアルで、ヴァーノンさんの技術力に多くの人が驚いた。

そしてInstagramに投稿されていたこの動画が、Twitterアカウント「Wu-Tang Is For The Children」でもシェアされると、今月8日の時点で再生回数が1850万回を超えるほど大反響を呼んでいる。

Twitterの投稿には「カメがこんなに速く走れるなんて知らなかった」とだけ記載されているので、この動画が本物のカメを捉えたものだと勘違いする人が続出してしまい、「これってどこなの? 見に行きたい!」「うちの犬がカメを追いかけたときもこのくらい速く走っていたよ」「再生速度を上げているんだよね?」などといったコメントが届いた。

CGだと気がついた人も多いが、「CGだろうけど、信じられないくらいリアルだ」「リアル過ぎてちょっと怖いよ」「こういう妙にリアルなCGって大好き」など驚きの声を寄せている。

ヴァーノンさんは「自分が想像した物など、どんな物にでも命を吹き込むことができるんです。これがアニメーションに興味を持ったきっかけですね」と過去のインタビューで語っていた。

また創作過程について「まずは“もし…”という考えから始めます。たとえば“もし椅子が歩くことができたら?”“もしテーブルが走ることができたら?”“もし紙が折り鶴に変身したら?”という具合ですね。そしてイメージできたらそれを絵コンテに落とし込み、iPhoneで撮影するのです」と明かしている。



画像は『Vernon James Manlapaz 2021年8月29日付Instagram「Speedy」、2021年8月8日付Instagram「Galaxy’s Edge」、2020年10月18日付Instagram「Not real」、2019年12月29日付Instagram「Fish out of Water」、2017年1月7日付Instagram「Just a chair going for a walk」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ