第2位は花江夏樹!日本とアメリカで最も注目されている声優は誰?

numan


薄山館株式会社が販売する『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サークル対決~』より、アニメ・声優に関するランキングをご紹介。日本人が注目する声優第2位には花江夏樹さんがランクイン。アメリカ人が注目する声優は……?
薄山館株式会社は、2015年にアンケートを用いて、日本の学漫サークルの大学生及びアメリカのアニメクラブメンバーを対象に、日本のアニメやマンガ、ライトノベルがどのように消費されているかを調査し、2018年に一般社団法人融合研究所ライブラリーにて発表した報告書を『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サークル対決~』と題して発売しました。

本著では、アニメの視聴本数やマンガの読書冊数など基本的な質問に加え、当時回答者たちが注目していたタイトルや声優を始めとしたアニメ制作スタッフについても聞いています。質問項目はアニメの視聴、マンガの購読、ライトノベルの購読の3つに大別し、質問項目は全部で23問です。

本記事では、「最も注目している声優」「最も注目しているアニメ」など、さまざまな結果を抜粋してご紹介します。CD 花江夏樹『青春は残酷じゃない』画像

CD 花江夏樹『青春は残酷じゃない』画像

via CD 花江夏樹『青春は残酷じゃない』より最も注目している監督は?日本と海外のオタク層を対象にしたアニメスタッフに関する調査はこれが初めてではないかと思われます。
また、 スタッフというコアな情報のためか回答者数は減ってしまい、 日本では76名の回答者に対して48人の監督の名前が上がり、 アメリカでは31名に対して21人が上がりました。

日本の傾向ですが、 1位に「新房昭之」が来ました。 2015年調査当時の回答者たちが大体中学3年から高校3年の頃に『魔法少女まどか☆マギカ』が放送されたことを鑑みれば、 心に名前が刻まれたとしてもおかしくはないでしょう。 続いての「水島努」ですが、 これは調査当時『SHIROBAKO』が放送されていましたし、 納得の行く結果と言えます。

⇒次ページ:最も注目している声優やアニメ、制作会社は?『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サ...

『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サークル対決~』画像

via 『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サークル対決~』アメリカは回答数は少ないながらも、 日本では名前が上がっていなかった「いしづかあつこ」や「松本理恵」の名前が出ていました。

それと思いの外「湯浅政明」の名前が書かれていました。 『The八犬伝~新章~』第4話で知った、 などということは絶対ないでしょうから『四畳半神話大系』や『ピンポン』あたりでアメリカでも名を馳せたのでしょう。最も注目している声優は?声優についての調査では、アメリカは35名の回答者に対して27人の名前が上がり、日本は119名の回答者に対して110人の名前が上がりました。

日本では第3位沢城みゆきさん、第2位花江夏樹さん、第1位佐倉綾音さんという結果になりました。
一方アメリカでは、第3位若本規夫さん、第2位釘宮理恵さん、第1位花澤香菜さんと日米でそれぞれ違う結果に。『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サ...

『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サークル対決~』画像

最も注目しているアニメは?『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サ...

『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サークル対決~』画像2

続いては回答者たちが注目していたアニメについてです。

まず日本の傾向としては、『アイドルマスター シンデレラガールズ』が筆頭に上がり、次いで『艦隊これくしょん』、三番手に『SHIROBAKO』が上がりました。

アメリカでは調査当時に放送されていた『Fate Stay/night UBW 2期』が最も注目されており、二番手が同数で『血界戦線』と『サイコパス2』となり、日本と比べるとオシャレ感が漂う作品が上がりやすいという印象を受けました。最も注目しているアニメ制作会社は?回答人数は日本のほうが多かったものの、 アメリカでは回答者数が54名と監督や声優を抜いて一番多い項目となりました。 アメリカでは思いの外、 制作会社を気にしているようです。

また日本は当然のことながらアメリカも主要なアニメ会社は抑えているようで、 このあたりはアニメクラブの面目躍如と言ったところでしょう。『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サ...

『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サークル対決~』

最も注目しているアニメーターは?1位は「浅野元」で6名が名前を書いていました。 2位は『天体のメソッド』のEDを全て一人で担当していた「江畑諒真」。 そして3位はアニメ様こと小黒祐一郎氏のアニメスタイルなどで度々言及されていた「井上俊之」等が上がりました。

関東アニメーション研究会連合に属している自主制作アニメのサークルにアンケートを配ったということも原因としてはあるでしょうが、 作画に対して少なからず回答者たちが興味を示していた所に、 日本の底力を感じました。『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サ...

『世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サークル対決~』

特に「井上俊之」の名前が上がったあたりは、 小黒氏が行っているアニメスタイルイベントでの作画に対する啓蒙活動の賜物だと実感するとともに、 非常に嬉しく感じたことを覚えています。

尚、 今回の告知では上位5人しか載せられなかったものの、 日本では48人のアニメーターの名前が上がり、 当然のごとく「松本憲夫」といった名だたるアニメーターはもちろんのこと、 中には放送予定の『チェンソーマン』の監督をされる「中山竜」の名前がありました。 この時は『夜ノヤッターマン』で注目されていたと記憶しています。調査概要【調査概略】
本調査は、2015年1月~3月に日本の学漫サークルを、4月にアメリカのアニメクラブを対象にしたアンケート調査です。

調査実施先とアンケートの配布数は次の通り
<日本 計209名>
・京都大学アニメーション研究会
・北海道大学アニメーション研究会
・北海道大学マンガ・イラスト研究会
・東京外国語大学アニメ研究会
・東京工業大学アニメーション研究会
・日本大学国際学部
・愛媛大学萌学研究会
・千葉大学マンガ研究会
・電通大まに研
・慶應義塾声優研究会
・早稲田アニメーション研究会
・神奈川工科大学アニメーション研究会
・日本大学現代視覚文化研究会

<アメリカ 計146名>
・ハーバード大学
・MIT(マサチューセッツ工科大学)
・ボストン大学
・タフツ大学
・RIT(ロチェスター工科大学)
・カリフォルニア大学バークレー校
・スタンフォード大学

Amazonで販売中の本著にはアニメに関する情報源やマンガ・ライトノベルについても調べており、更にはランキングも10位以下全て掲載しております。
・世界アニメ・マンガ消費行動レポート「弐」~日米学漫サークル対決~
定価:本体2200円(税込) / 頁数:76ページ

そのほかの著書
・世界アニメ・マンガ消費行動レポート2009
定価:本体1320円(税込) / 頁数:58ページ
・世界アニメ・マンガ消費行動レポート
定価:本体2750円(税込) / 頁数:186ページ

当記事はnumanの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ