田中圭の“モンスター”ぶりに一同絶賛 堤幸彦監督「役者として完全形。恐るべし」

 俳優の田中圭が7日、都内にて開催されたHuluオリジナル『死神さん』配信記念イベントに、前田敦子、竹中直人、堤幸彦監督と共に登壇。堤監督らが田中の役作りを絶賛する一幕があった。

本作は、大倉崇裕の同名小説(幻冬舎文庫)を原作にした痛快ミステリードラマ。“死神”と呼ばれる再捜査専門のクセモノ刑事・儀藤堅忍(田中)が、事件ごとに相棒を替えながら冤罪(えんざい)事件の真実を徹底的かつ真摯に明らかにしていく姿を描く。

鼻の大きなホクロに猫背とクセのある儀藤を演じる田中。最初は役作りに悩んだそうだが、「衣装合わせで監督にイメージをもらって、見た目から作っていきました」と振り返り、「最初は『ホクロ付けます?』って思いました」と苦笑いしながら当時の本音を告白。また、「ゲストで来てくれた竹中さんや蓮佛美沙子は、儀藤の恰好をしている僕に最初気付かなくて。『あ、圭さんだったんですか!?』って感じで、ちょっとうれしかった(笑)」とエピソードを披露。やっているうちにどんどん楽しくなっていったという。

そんな田中の役作りを、竹中は「儀藤が最高。近づいてくるだけで圧がすごいし、普段の圭ちゃんと違い独特な語り口調なので、それがたまらない」と絶賛。「見たことない田中圭が見られる」と手応えを明かした堤監督も「完ぺきで自分の思った通りでした」と口にし、「数々の作品にずっと途切れることなく出続けている意味が分かりました。監督の立場から見ると、いろんな意味で役者として完全形。恐るべし、田中圭」と褒めちぎった。

儀藤をサポートするメイを演じた前田は、田中との共演を「すごく楽しかったです」とニッコリ。田中は「メイが儀藤をすごく慕ってくれるんです。メイが『儀藤のパシリです』と言いますが、いいなこの関係って思いました」と冗談めかしながら明かし、前田も「かみ合ってない感じですが、出来上がってる距離感はいいなと思いました」とほほ笑んだ。

終盤には、田中らが悩みを告白する一幕も。「朝、お腹が空いて目が覚めます」と告白した前田は、「今日は2時半に目が覚めました。お腹が空いたら子供のコンフレークを食べます」とぶっちゃけ。田中は「もう続編やりたい」と口にし、「儀藤は何しても許されるモンスターみたいな役。作品を見返すと、もっとやってもよかったし、もっとすごいキャラクターにできたなと思って。なかなか同じ役を何度もする機会はないけど、できたら」と配信前から続編を熱望していた。

Huluオリジナル「死神さん」は17日よりオンライン動画配信サービスHuluで9月17日より毎週金曜独占配信。全6話。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ