本州の人は認知していない北海道の広さ ひと目で分かる看板に反響相次ぐ

しらべぇ


豊かな自然やおいしい食材など観光地として不動の人気を誇る北海道だが、本州で暮らす人はその広さを理解していないこともしばしば。いまネット上では、 ひと目で北海道の広さが分かる看板が話題になっている。

■本州と北海道の大きさを比較した看板




それがJR北海道・新千歳空港駅に掲出された北海道と本州を比較する看板。ダイレクトにその大きさが伝わってくる。道内の移動でも、東京から大阪間以上の距離(約556km)が発生する場合があるとは…。とてもじゃないが一日で回れる広さではない。

それもそのはず、北海道の面積は83,457,00km²と日本の約5分の1の面積を誇り、東京都と比べると約38倍にもなる。正直、「ここまで大きいとは思わなかった」という人も多いことだろう。

■ネットでは驚きの声


北海道の大きさを知ったネットユーザーからは、「そんなに大きいのか」「新宿から山梨くらいまでだと思っていました」「なんじゃこりゃ…」「簡単に移動できないね」といった驚きの声が続出。

一方で、「初めて北海道に行ったときに、軽い気持ちで目的地の函館から札幌に寄ろうと思ったな」「何回行ってもその大きさにはびっくりする」「道内では、札幌に行くよりも東京に行くほうが早いこともある」と広さを知っている人からのコメントも多くみられた。

■JR北海道に詳しい話を聞いてみると


とても分かりやすい看板だが、なぜこのデザインになったのだろう。そこで、JR北海道の広報部に問い合わせてみると、「主な目的は来道された方へ、北海道での旅行行程で移動距離の時間感覚などをご確認いただけるように、このような形になりました」と説明してくれた。

ちなみに2018年12月から掲出されているので、もうすぐ丸3年。この看板を見て、慌てて行き先を変更した旅行客がいるとかいないとか。

■新千歳空港駅のみで掲出




新千歳空港駅のみに掲出されているこの看板。改札口正面のエレベーター横という目立つ位置にあるので、実際に足を運んだ際にはその目で確認すると良いだろう。

写真をよく見てみると北海道の面積だけでなく、この看板自体もなかなかの大きさであることが分かった。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ