青森県に“謎の球体”が出現! 実は過去にも東北地方で目撃情報が…

まいじつ


(C)Lena_graphics / Shutterstock 

9月3日早朝、青森県八戸市の上空に謎の〝白い球体〟が浮かんでいるのが目撃され、ネット上で〝未確認飛行物体〟ではないかと話題になっている。

目撃者によると、白い球体は雲よりも高い位置を浮遊し、ほとんど同じ場所にとどまっていたという。仙台管区気象台は「正体はわからない」としている。

「仙台管区気象台に多くの問い合わせが寄せられましたが、気象庁は『観測や研究のために飛ばしたものではない』とコメントしています。また、テレビ局がヘリコプターを飛ばして撮影したところ、球体は地上から3000メートル付近を漂っており、下部に十字状のようなものが確認されました。実は昨年6月にも宮城、福島、山形の上空で同じような白い球体が浮かんでいるのが目撃され、大騒動になっていました。今回、1年3カ月ぶりに同じような球体が目撃されたことで『地球外からやって来たのではないか』と、〝未確認飛行物体〟説が急浮上しています」(地元紙記者)

“白い謎の球体”を巡りザワつくネット民


今回の騒動に、ネット上からは

《去年浮遊していた奴とそっくりじゃん! マジで宇宙人がなんかの調査してるんじゃないだろうか?》
《気象庁のラジオゾンデじゃないとしたら、一体何だろう…。北朝鮮あたりから観測気球が流れてきたとか?》
《去年、仙台上空に漂っていたのとそっくりだね。まじで気味が悪いよこれ。なんなの。1年3ヵ月ぶり2回目の登場じゃん!》
《なにかの調査のために、宇宙人が飛ばしてるんじゃないだろうか。十字状のものが通信機器なのかもしれない》

などと、UFO説を唱える人が続出している。

空に気球などを飛ばす場合は、管轄の空港事務所に届け出る決まりになっているが、現在のところ、そのような届け出は提出されていないという。

誰が何の目的で球体を飛ばしているのか? もしかしたら、本当に地球外生物がなんらかの調査の為に球体を飛ばしているのかもしれない…。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ