ドンキで遭遇したブラ、用途がおかしい… 世紀末すぎるデザインに反響相次ぐ

しらべぇ


「驚安の殿堂」と名高いドン・キホーテではユニークなアイテムを豊富に取り揃えており、ときには「コレどこで使うんだよ…」と突っ込まずにはいられない珍品と遭遇するケースも。

現在ツイッター上では、ドンキにて発見された「あまりに世紀末すぎる下着」が話題となっているのをご存知だろうか。

■攻撃力高すぎだろ…


注目を集めているのは、ツイッターユーザー・ぽめさんが投稿した一件のツイート。

本文には「攻撃ブラ」とだけ書かれており、これだけでは何のことかサッパリだが…添えられた写真を見ると、そこには「攻撃ブラ」なる名称の商品がドンキ店内に陳列されていたではないか。

いずれも形状はブラジャーなのだが、バスト部分を覆う前面にゴールドの鋲やシルバーのトゲが大量に取り付けられており、もはや「パンク」を通り越して「世紀末」なデザインである。



■「ヒャッハー」したがる人々が続出か


あまりにショッキングな絵面は多くの人々に衝撃を与えたようで、同ツイートは投稿からわずか数日で9,000件以上ものRTを記録。



ツイッターユーザーからは「ちょっと欲しいと思ってしまった(笑)」「コレが本当の勝負下着ってわけね」「ドラクエでいう攻撃力が上がるタイプの防具っぽい」「痴漢対策に有効かも」といった反響の声が続出しており、中には「世紀末に備えて今から買っておくか…」といった具合に、人気漫画『北斗の拳』へのオマージュを捧げるヒャッハー予備軍たちからの熱いコメントも散見された。

またアニメ『機動戦士ガンダム』に登場する、モビルスーツのザクの左肩についた「スパイクアーマー」との類似性も確認され、女性だけでなく男性ユーザーからも「欲しい」の声が多数上がる事態に。



ツイート投稿主・ぽめさんに話を聞くと、こちらの攻撃ブラは愛知県の「ドン・キホーテ 大須店」で発見したものと判明。そこでドンキを運営するパン・パシフィック・インターナショナル・ホールディングス(PPIH)に同商品に関する直撃取材を敢行したところ、同店舗の抑えきれない世紀末ぶりが明らかになったのだ。

■「攻撃ブラ」の誕生は必然だった…?




まずは同店舗の特色について確認したところ、「大須というコアなエリアでもあるため、若年層をターゲットにしたアニメや面白コンテンツの商材を取り扱っております」「また地域住民の方々にご利用頂けるよう意識した食料品、消耗品などの生活必需品のラインナップも充実させています」という回答が返ってきた。

「面白コンテンツ」と「生活必需品」という二つの要素が融合し、強烈な化学反応を起こしたと考えれば、同店舗にて「攻撃ブラ」が販売されるのは必然だったのかもしれない。

話題の同商品について突っ込んだ話を聞くと、販売が始まったのは7月中旬ごろからで、気になるサイズ展開は「フリーサイズのみ」とのこと。



「攻撃ブラ」というインパクトの塊のような名称については、「攻撃は最大の防御という意味もあり、触らせにくくするデザインとなっております」「ドンキらしいアミューズメント感のある名称となっていますが、噂では『北斗の拳』を参考にしたとか、してないとか…」とのコメントが見られた。

こうなって来ると、『北斗』作中に登場するヒャッハーたちは、世紀末に突入する以前にドンキ大須店で装備を整えていた…という説も成り立ちそうである。

■完全に「世紀末店舗」だった


そこはかとなく世紀末の香りが漂う大須店だが、その他の品揃えももちろん豊富。

売れ筋商品を尋ねたところ、「若年層にはサロン商材やコスメやカラーコンタクト、一番くじなどのアニメコンテンツ商材が人気なほか、普段使いとしてお酒やカップ麺などのフードから寝具、フィットネス、肌着など家でくつろぐ商品も人気です」という回答が見られた。



いずれも日常から世紀末の非常時でも活躍すること間違いなしの商品だが、記者が特に注目したいのは同店舗の立地条件。大須店は地下1Fのみのフロア構成をしており、まるで『北斗』に登場するシェルターを連想させる佇まいとなっているのだ。

「ゾンビもの」を始めとするパニック映画では「ショッピングモールに立て籠る」のがお約束だが、ドンキ大須店であればあらゆる世紀末な事象に耐え切れるかもしれない。

【店舗紹介】



「ドン・キホーテ 大須店」

愛知県名古屋市中区大須3丁目30−60 OSU301ビル

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ