ニコラス・ケイジのリクエストにより途中変更も 園子温監督の映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ポスタービジュアルを解禁

SPICE


10月8日(金)公開の映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』から、ポスタービジュアルが解禁された。

『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』は、『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』などの園子温監督の最新作。園監督のハリウッドデビュー作となる作品だ。舞台は架空の未来都市サムライタウン。悪名高き銀行強盗のヒーローは、ある日、街を牛耳る悪徳支配者ガバナーのもとから逃げ出したバーニスを連れ戻すよう命令を受ける。いったんは命令を拒んだヒーローだが、制限時間を超えると爆発するスーツを装着され、ゴーストタウンまでバーニスを追う羽目になる。

主演を務めるニコラス・ケイジが銀行強盗のヒーローを演じるほか、バーニス役で『キングスマン』のソフィア・ブテラ、ガバナー役で『マーダー・ライド・ショー』『スリー・フロム・ヘル』などのビル・モーズリーが共演。そのほか、監督としても知られるニック・カサヴェテス、日本から『キングダム』などのTAK∴(坂口拓/匠馬敏郎の俳優時の名義)、栗原類、渡辺哲、潤浩(ゆんほ)らが参加している。

解禁されたポスタービジュアルは、主人公のヒーロー(ニコラス・ケイジ)が額に皺を寄せ遠くを見つめているショットを中心としたデザインを採用。ケイジの顔面を「悪こそ正義」「狂暴かつ強烈‼︎」などのコピーが囲んでいる。なお、同ビジュアルの制作途中には、ケイジ本人から「ちょっと賑やかすぎない…?」とのリクエストがあり、デザインを変更したというエピソードも。完成したビジュアルを見てケイジは「タイトルのフォントと色味もイイネ」と太鼓判を押しているとのこと。

『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』は10月8日(金)より、TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ