自分好みの空間が作れる!おしゃれなリビングインテリア実例集

Sheage


モデルルームのように美しく整えられたインテリアよりも、実用的でリアリティのあるリビングインテリアを知りたいと感じている方は多いよう。「ほどよくおしゃれ、何よりくつろげるリビングにしたい」そんなあなたに、今注目のインテリアキーワードをご紹介します。お手本にしたい実例集もぜひチェックしてみてください。

今、リビングに求められることは?


photo
出典:https://www.goodrooms.jp/journal/?p=20442

リビングは、ただおしゃれなインテリアであればOKでしょうか。以前は生活感のないモデルルームのようなインテリアを好む方も多かったよう。ですが長らく続く自粛生活のなかでリビングインテリアに求められることは、「くつろげる雰囲気と機能性」へと移っています。

リビングは職住融合の暮らしのなかで、機能的に使えるとともに「心からゆったりと過ごせる場」であることが重要なのです。

今回は、今リビングインテリアとして注目したいキーワードと、部屋づくりの参考にしたい実例集をご紹介します。

今お手本にしたいリビングインテリアのキーワード&実例集

1:「ワークスペース」のあるリビング


photo
出典:https://www.goodrooms.jp/journal/?p=21896

自宅で快適にテレワークをするために、ワークスペースをつくる方が増えています。書斎として個室を用意しなくても、リビングにスペースを確保して仕事ができる「小さな自宅オフィス」が圧倒的に求められています。

こちらのお宅のように、壁際にスリムなデスクを置けば部屋の様子やテレビなどが目に入らず集中しやすい環境づくりができます。デスクを壁の色と同色で揃えているので、限られた空間に家具を増やしてもすっきりとした印象を与えますね。

2:「美収納」のリビング


photo
出典:https://www.goodrooms.jp/journal/?p=35199

家族のモノが集まるリビングは、雑然と見えてしまいがち。快適に過ごせるリビングを保つためには、大容量の収納を備えておくのが近道に。こちらのお宅のように、家具を点在させるのではなく、壁面(一面)を収納として最大限活用するとたとえモノが多くてもすっきりと見せることができます。

リビングにあらかじめ備え付けられている造作家具がない場合は、カスタマイズ可能なユニット家具などを取り入れるとよいでしょう。

3:「パーソナルスペース」があるリビング


photo
出典:https://www.goodrooms.jp/journal/?p=28744

以前は大きなソファをひとつ置くなど、家族が集まって家族団らんの時間を過ごすスタイルがリビングの主流でした。でも最近では、ソファのほかにもひとり掛けチェアを置くなど「パーソナルなスペース」がいくつかあるリビングが人気のよう。

こちらのお宅のように、ソファの後ろにテーブルとチェアを置いて視線が交わらないレイアウトを取り入れるとプライベート感が演出できます。ほかにも、窓際やデッドスペースに好みのチェアを置いて「コージーコーナー」をつくるアイデアもおすすめです。

4:「グリーン溢れる」癒しのリビング


photo
出典:https://www.goodrooms.jp/journal/?p=50282

自宅で過ごす時間が長くなると、心も体もストレスを感じてしまう方が多いかもしれません。そんな影響からか、昨年からお花のサブスクやグリーンの売り上げが伸びているのだそう。部屋のあちこちにグリーンを取り入れて「緑の楽園」のようなリビングをつくるアイデアも人気です。

photo
出典:https://www.goodrooms.jp/journal/?p=58222

こちらのお宅も、グリーンをたくさん取り入れてみずみずしい空間づくりをしています。吊るしたり、置いたり、台に乗せたり…さまざまな取り入れ方で立体的にグリーンを楽しんでいますね。

忙しくても、ふと目を休めたりお手入れしたりするひとときをくれるグリーン。植物がリビングにあることで、そんなリラックス時間をもたらしてくれます。

5:おうちシアターを楽しむリビング


photo
出典:https://www.goodrooms.jp/journal/?p=47960

プロジェクターを部屋に設置してホームシアターを楽しむのも、ぜひ参考にしたいアイデア。映画館になかなか足を運べないご時世、自宅の壁やスクリーンに投影してミニシアターを楽しんでいる方も多いよう。家にいても、非日常感のあるひとときを過ごせそうですね。

プロジェクターは、コンパクトサイズや画像の歪みを自動で修正してくれるタイプなどさまざまな種類があります。プロジェクターとスクリーン(壁)の距離によって映し出せる画面のサイズも変わるため機種の特徴をよくチェックしてから取り入れてみてください。

工夫次第でリビングはもっと居心地よくなる


photo
出典:https://www.goodrooms.jp/journal/?p=45729

おうち時間が増えた今だからこそ見直したい、リビングインテリア。今注目したいインテリアキーワードをご紹介しました。これから部屋づくりをしようと思っている方、もっとくつろげるリビングにしたいと感じている方は、ぜひご参考になさってくださいね。

writer / 伊野 奈緒美
 photo / goodroomjournal

取材協力

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト1級 取得

https://naomi-spring.com/

当記事はSheageの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ