“起業家”として夢を実現するための戦略6つ


筆者がコンサルティングやメンタリングの仕事で出会う起業家や企業の担当者は皆、市場に真のイノベーションをもたらしたいという立派ながありますが、ほとんどのアイデアは既存のソリューションの延長線上にあると感じます。

例えばiPhoneや、輸送技術の新展開を考えるためには、もっと自由で「既成概念にとらわれない」考え方が必要だと思います。

どうすれば、スティーブ・ジョブズやイーロン・マスクのように、大きな夢を描くだけでなく、それを実現して結果に焦点を当てることがきる人を増やすことができるのでしょうか。

筆者から見ると、この「結果に焦点を当てる」ところが重要であり、そのためには情熱と実行というさらに高次のマインドセットに加えて、次のような6つの戦略が必要です。

1.ソリューションを売り込むのではなく、問題をどう解決するか


発明家は、ニーズや市場の大きさを測る前に、テクノロジーを使ってできることを常に語っています。

一方、起業家は簡単に実現できる機能をすぐに提案してしまいがちです。

本来、顧客が本当に必要としているものは何か、顧客は何に対してなら喜んでお金を払うのか、ということを最初に考えるべきなのに、どちらもそれができていません。

例えば、DoorDashは、モバイルアプリケーションを使って地元のレストランに注文できる新規のフードデリバリーサービスで大きな成功を収めています。このサービスは、イノベーティブなプラットフォームとロジスティックスにより、特にパンデミックの際に高まる顧客のニーズに対応しています。

2.未来が良くなることをアピールする


自らのソリューションに夢中になるのは簡単ですが、顧客は、自身にとっての価値を俯瞰的に理解する必要があります。

この場合の価値は、短期的な価値(低コスト、新機能)だけでなく、社会や環境にとっての長期的な価値のこと。人々がつながり、賛同するには、その両方が必要です。

3.お金を稼ぐことより、挑戦することをモチベーションにする


真のイノベーターは、チャンスの大きさや世界的な組織を作る可能性よりも、課題や目的によって駆り立てられます。

学ぶこと、コンフォートゾーンから出ること、そして未来を形作ることに喜びを感じます。そのためには、まず長期的で戦略的な視点を持つことが大切です。

イーロン・マスクは、お金よりも、人類発祥の地である地球から飛び出すという課題に突き動かされているとしばしば語っています。

彼は「人生は莫大なお金を稼ぐためにあるべきではない」と主張しています。でも、億万長者がそう言うのは簡単ですよね。

4.人間関係やパートナーシップを常に広げる


大きな夢を描き、それを結果につなげることができる人たちは、常に自分の考えを分析し、より多くの専門家や新しい人間関係から学んでいます。

自分の考えを広げ、新しいプロジェクトに協力してくれる適切な人材を見つけるには、新しい人たちとの出会いを絶やさないことが最善の方法です。

5.進歩するには行動指向の戦略が必要


多くの起業家は、自分の意思を語るのは上手ですが、具体的な行動計画を立てるのは苦手だと感じます。

優れたビジネスプランには、目標とする結果が具体的に示され、マイルストーンやスケジュール、財務予測などが記載されています。

どれも、自分自身のためにも、投資家のためにも必要なことばかりです。

6.リーダーシップとインスピレーションを社会に提供する


人を惹きつけ、刺激し、仲間にして、夢に描いた以上の成果につなげる能力を生まれつき備えている人もいます。個人的にどれほど能力があっても、ビジネスで成功するためには、自分を補ってくれるスキルや考え方を持ったチームが必要です。

リチャード・ブランソン卿は、このアプローチの優れたモデルであり、常に周囲の人々に刺激を与え、新たな高みへと導いています。

宇宙旅行からヘルスケアまで幅広い分野でイノベーティブな事業を展開しているVirgin Group は400社以上の企業で構成され、その大半は彼がメンターとして指導した起業家たちが率いる企業です。

筆者は、大企業とスタートアップ企業の両方で勤務した長年の経験から、本当にイノベーティブな意図を見極め、それを実行するには、起業家やスタートアップ企業が最も適していると思います。

既存の企業は、既存の製品や既存の思考の重力を克服しなければならないので、社内でイノベーションを起こすよりも、より幅広いイノベーションを備えたスタートアップ企業を買収することがほとんどです。

つまり、たとえゼロから始めても、誰でも勝負できるということです。ですから、アイデアを他の読者とシェアし続け、ここで提案された戦略から学び、特に実行に重点を置いてください。

そうすれば、一緒に真の変化を世の中にもたらすことができるでしょう。

Originally published by Inc. [原文

Copyright (C) 2021 Mansueto Ventures LLC.

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ