卑劣な「盗撮」多発スポットとは?加害者の“驚くほど普通”な素顔

女子SPA!

 近年、女性を狙った卑劣な盗撮の被害が増えています。

警察庁の統計によると、2010年の盗撮事件の検挙件数は1741件。これが2019年には、2倍以上の3953件にまで膨れ上がっているのです。

盗撮はどのような場所で、どのような方法で行われるのか。また、どのような人間が犯行を行なっているのか。9月2日に新刊『盗撮をやめられない男たち』を出版した斉藤章佳氏(大船榎本クリニック精神保健福祉部長)が解説します(以下、『盗撮をやめられない男たち』より抜粋、再編集)。

◆スマホの「無音アプリ」で盗撮を行う

警察庁発表の「犯行供用物別の検挙件数」によると、2019年に検挙された盗撮事犯3953件のうち、実に2871件が「スマートフォン」(以下、スマホ)によるものでした。盗撮に 使われる機器は、全体の72%をスマホが占めているのです。次に多いのは「小型(秘匿型)カメラ」、その次に「カメラ付き携帯電話」「デジタルカメラ」と続きます。このカメラ付き携帯電話は、いわゆるガラケーといっていいでしょう。

年ごとに数字を追っていくと、時代の流れとともにスマホの割合が増加していることがわかります。逆にカメラ付き携帯電話やビデオカメラの数は減少傾向にあります。これは、世間のスマホの普及率や携帯電話市場の変化と連動していると考えられます。

さらに、当クリニックで治療する盗撮加害者521人への調査でも、「盗撮方法」はスマホが69%で全体の7割を占めています。そしてスマホで盗撮した人の約90%は「無音アプリ」を使用していることが明らかになりました。

ちなみに治療プログラムを始めた15年前は、のぞきがきっかけで治療に訪れる人も一定の割合でいましたが、近年はかなり減少傾向にあります。以前ならのぞき行為に耽溺していた人たちが、スマホでの盗撮に流れてきているからと考えられます。

◆盗撮多発スポットは、駅構内、電車、商業施設

犯行手口に続いて、盗撮の行われる場所についても見ていきましょう。警察庁の「犯行場所別の検挙件数」によれば、盗撮被害が多いのは「駅構内」「電車」です。2019年には、この2つを合計すると1219件となり、全体の約3割を占めます。2つの合計に次いで多いのは、「ショッピングモールなどの商業施設」で977件です。

当クリニックの統計でも、主な盗撮場所は「階段」(26%)、「エスカレーター」(22%)、「トイレ」(13%)となっていますが、詳しく話を聞いてみると、実はこれらのほとんどが駅構内です。ここに「電車内」(8%)を合わせれば、盗撮行為の多くが鉄道・駅構内で行われていることになります。

盗撮加害者の大半はサラリーマンなどの勤め人です。特に都市部では、彼らの交通手段である駅がおのずと犯行現場になっているのだと考えられます。

◆盗撮加害者は若年層に多い

榎本クリニックで、2006年5月から2020年3月の間に実施した、窃視障害(盗撮・のぞきを繰り返す性依存症)と診断された521人の患者に対するヒアリング調査は、日本初の盗撮・のぞきに関する大規模な統計データとなります。この調査によって、盗撮加害者の平均的なパーソナリティが見えてきました。

まず、「初診時の年齢」ですが、「10代」が5%(26人)、「20代」が33%(172人)、「30代」が40%(208人)を占め、10代から30代を合わせると 78%で約8割を占めており、平均年齢でいうと28.3歳です。検挙件数や、治療に訪れる相談者の割合からみて、盗撮とともに日本の二大性犯罪といえる犯罪に「痴漢」がありますが、盗撮加害者の平均年齢は、痴漢加害者の平均年齢よりも、若年層が多い傾向にあります。

若年層が多いのは、スマホによる犯行がメインを占める性犯罪だからです。当クリニックが2006年に性犯罪の再発防止プログラムを始めたころ、窃視障害と診断される患者の多くはデジカメ、もしくは小型カメラを使っており、のぞきの割合も現在よりは多かったのですが、スマホの普及に伴い、さらに低年齢化していくという変遷をたどります。

当クリニックの調査による「盗撮開始年齢」(平均盗撮開始年齢は21.8歳)や「問題行動から初診までの期間」(平均7.2年)とあわせて考えると、クリニックにたどり着くまでに若いころから膨大な回数の盗撮行為を繰り返していたと推測できます。

◆四大卒・会社員・既婚者の「普通の男性」

次に「学歴」です。窃視障害の診断を受けた患者の学歴は「大卒(中退含む)」が49%(257人)で約半数を占めています。「大学院卒(中退含む)」8%(41人)と「大学在学中」8%(41人)を合わせると全体の65%を占め、痴漢加害者よりもやや高学歴の傾向にあります。

「初診時の職業」については、「会社員」が50%(261人)を占めています。また、「医療・福祉・教育関係」の専門職が15%(78人)と目立つのも特徴です。「無職」も10%(53人)いますが、そのほとんどは事件を起こしたことで失職した人たちなので、もともとの職業を聞くと、サラリーマンが多いです。

「初診時の結婚歴」ですが、「配偶者あり(離婚歴なし)」が46%(241人)と約半数。「配偶者あり(離婚歴あり)」7%(36人)と、「配偶者なし(離婚歴あり)」6%(31人)を合わせると、結婚歴のある人が全体の59%を占めています。ちなみに痴漢と比較すると、「女性との交際歴なし」(女性と性交渉したことがない)と答える人がやや多い印象があるのですが、これは盗撮加害者の年齢層が痴漢よりも若いからであり、有意な差はなさそうです。

このように、日本における盗撮加害者の属性として、「四大卒で会社勤め、働き盛りの既婚男性」という平均像が浮かび上がってきます。これは日本における痴漢の平均像と同様の結果です。盗撮は痴漢よりは若年層が多く学歴も高めですが、どこにでもいる一般男性に、盗撮を繰り返している人がいるということになります。

◆「痴漢をする勇気がないから盗撮」という人も

当クリニックを訪れる性依存症患者への初診時のヒアリングでは、ほかに「学生時代のいじめ被害」や「原家族(自分が生まれ育った家族)の機能不全」の有無についても尋ねることにしています。

それによると、盗撮加害者で、学生時代にいじめ被害に遭った経験に「あり」と回答した人は 20%(104人)でした。また、虐待やDV、親のアルコール問題など、原家族に何らかの機能不全があったかどうかでは82%(427人)の人が「なし」と回答しています。

つまり、ごく普通の家庭に生まれ育ち、両親から十分な愛情を注がれてきたということです。本人たちもそのように回答しています。これも、痴漢加害者とほぼ同じ傾向です。

ちなみに、有意な差があるかと言われると難しいのですが、盗撮加害者と長年関わっていると、痴漢よりも「他者回避型」(他者からの拒絶を恐れて親密さを嫌う性向)の人が多い印象があります。彼らには、「僕は根性がなくて痴漢はできないので盗撮しています」と語り、本当は触りたいのに勇気がなくて触れないから、非接触型で気づかれにくい盗撮行為に走ったという人が一定数存在します。

ただ、これらはあくまで統計上の平均像です。実際には、ある男性が盗撮に手を染め、やめられなくなっていくまでには、さまざまな個別の背景や事情、その人だけのストーリーが存在します。また、彼らがそこからどうやって治療へとつながり、回復の道をたどっているかも十人十色です。

<文/斉藤章佳>

【斉藤章佳】

精神保健福祉士・社会福祉士。大船榎本クリニック精神保健福祉部長。1979年生まれ。大学卒業後、榎本クリニックでソーシャルワーカーとして、アルコール依存症をはじめギャンブル・薬物・性犯罪・DV・窃盗症などの依存症問題に携わる。専門は加害者臨床で、2000人以上の性犯罪者の治療に関わる。著書に『男が痴漢になる理由』『万引き依存症』『盗撮をやめられない男たち』など多数

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ