AppleによるiCloudの写真スキャン|阻止する方法は?


Appleは、iCloudにアップロードされた写真のスキャンに関して、iOS 15およびiPadOS 15から、新しい児童保護ポリシーを適用していく予定です。

このポリシーは、Appleが違法な児童ポルノ画像を法執行機関に報告しやすくするためのもので、一見するとAppleの方針は正しいように映ります。

ですが、Appleのやり方については多くの論争と混乱が起きています。

そこでこの記事では、その仕組みと、自分のiPhoneの写真をAppleにスキャンさせたくない場合の対処法について解説していきます。

Appleによる写真スキャン機能の仕組み


混乱の一因は、Appleが2つのまったく異なる仕組みの児童保護機能を同時に発表したことにあります。

1つ目は、iCloud写真に対する児童ポルノスキャン機能です。この機能は、写真をスキャンして児童ポルノのデジタルフィンガープリントを検出し、違法な画像を集めた「児童性的虐待コンテンツ(CSAM)」のデータベースと照合します。

CSAMは、米国特殊法人の「全米失踪・被搾取児童センター(Center for Missing and Exploited Children)」により運営されています。

2つ目は、iPhoneおよびiPadに搭載されたメッセージアプリのみを対象にした、機械学習型のオプトイン機能です。この機能は、メッセージアプリ内のポルノ画像について、児童やその親に警告を出すために使われます。

物議を醸しているのは、1つ目のiCloud写真のスキャン機能で、すべてのiCloud写真ユーザーに対してデフォルトで有効になります。

iCloud写真の検出機能を有効にしたまま、iPhoneからiCloud写真へ写真をアップロードすると、ユーザーのデバイス上で、写真に対するいくつかの分析が行われ、それがiCloudに送信されるという、複数要素からなるアルゴリズムが実行されます。

さらにiCloudは、別の分析も行います。こちらの分析は、既知の児童ポルノ画像数が30のしきい値に達すると、そのユーザーのアカウントにフラグを立てるというものです。

そうなった場合、Appleは手動による審査プロセスを開始し、フラグが立てられた画像について把握します(残りの画像については何もしません)。

その後、問題のある写真がCSAMプログラムに送られ、それ以降は法執行機関が引き継ぎます。

Appleの説明によれば、このプログラムは、CSAMによる既知の児童ポルノデータベースに対してのみ実行され、一般的なポルノやバスタブに居る子供の写真などのヌード写真にはフラグは立ちません。

また、このプロセスは安全だと同社は主張しています。

同社のソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長、クレイグ・フェデリギ氏が、米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」による最近のインタビューで技術的な詳細を語っていますので、気になる方は、下記の動画をご覧ください。

写真はスキャンされない?


Appleによると、このプロセスでは実際の写真スキャンは行われないとのことです。

基本的には、ユーザーの写真に「ニューラルハッシュ」(写真を識別する数列)を割り当て、それをCSAMデータベースのハッシュと比較します。

そのプロセスを、画像と共に、同社が「安全バウチャー(Safety Voucher)」と呼ぶものに保存します。

その後、これらのハッシュに基づき、さらなる分析と照合が行われます。

つまり、CSAM画像に対して30個の安全バウチャーが一致した場合のみ、システムにより当該アカウントにフラグが立てられ、実際に違法な画像があるかどうかを人間の目で確認し、該当する画像とアカウントが報告されます。

AppleによるiPhoneの写真スキャンを阻止する方法


これでシステムの仕組みはわかったので、Appleによるスキャンを阻止したいかどうかを判断できるようになったはずです。

このスキャンは、写真がiCloudにアップロードされる時にのみ実行されます。『WhatsApp』や『Telegram』などのメッセージアプリで送信された写真はスキャンされません。

とはいえ、Appleにこのスキャンを一切させたくない場合は、iCloud写真を無効にするしかありません。

そのためには、iPhoneまたはiPadで「設定」アプリを開き、「写真」セクションへ移動して、「iCloud写真」機能を無効にします。

ポップアップから「Download Photos & Videos」オプションを選択して、iCloudフォトライブラリから写真をダウンロードします。
iCloud写真を無効にする
Image: Khamosh Pathak

また、「iCloud.com」からだと、すべての写真をパソコンにダウンロードすることもできます。これで、iPhoneは新しい写真をiCloudへアップロードしなくなり、Appleによる写真のスキャンを阻止できるでしょう。

ほかの方法はありません。すべての主要なクラウドバックアッププロバイダーは、同様のスキャン機能を備えています。

唯一の違いは、Appleがオンデバイス・スキャンとクラウドスキャンを組み合わせているのに対し、クラウド上ですべてが実行されることです。

こうした写真のスキャンを避けたいのであれば、ローカルバックアップ、NAS(ネットワークHDD)、または完全にエンドツーエンドで暗号化されたバックアップサービスを利用しましょう。
Apple iPhone 12 Pro 256GB グラファイト SIMフリー (整備済み品)
Apple iPhone 12 Pro 256GB グラファイト SIMフリー (整備済み品)
125,500円


Source: Apple(1, 2), YouTube, WSJ

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ