『CDTV』ファンモン“1時間ライブ”大不評!「ただの地獄」「どのツラ下げて」

まいじつ


(C)pathdoc / Shutterstock

8月30日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)に、ユニットとして生まれ変わった『FUNKY MONKEY BΛBY’S』が登場。一夜限りのスペシャルライブを開催したが、視聴者からブーイングが殺到しているようだ。

同日の番組は「CDTV夏フェス」と題した3時間にわたる生放送。豪華アーティストが多く出演する中、彼らは番組中盤、1時間も尺を取ったスペシャルライブ〝FUNKY MONKEY BΛBY’S Fes.〟を行うことに。ライブの定番曲『メロディーライン』や『あとひとつ』『大切』などのバラード曲も披露。また『希望の唄』『告白』『ちっぽけな勇気』といった彼らを代表する青春ソング、他にも再始動後初の新曲『エール』も歌い上げ、終始パワフルなパフォーマンスを見せつけていた。



「2013年に解散して、3月11日放送の『音楽の日』(TBS系)で一夜限りの再結成を果たした『FUNKY MONKEY BABYS』。この再結成がきっかけで、DJケミカルを除くファンキー加藤とモン吉の2人で活動を始めたのが、新生『FUNKY MONKEY BΛBY’S』です。2016年に起こったファンキー加藤の〝Wゲス不倫騒動〟や、解散時に囁かれた不仲説など、話題に事欠かない彼らですが、果たして今後は上手くやっていけるのでしょうか…」(芸能ライター)

ファンモン復活に歓喜の声も…! アツいパフォーマンスに賛否


1時間にわたる豪華なライブを披露した「FUNKY MONKEY BΛBY’S」だが、視聴者はあまりの長さにウンザリしてしまった模様。ネット上には、

《どのツラ下げて応援ソングとか歌ってんのか、気持ち悪い》
《ファンキーモンキーの大切って曲、歌ってる本人はどんな気持ちなんやろ。不倫とかしてるくせにwww》
《何でこんなに尺取ってんのか分からない。ただの地獄》
《不倫してた奴が、純愛ソング歌うというホラー番組やってる。今年の夏1番怖い》
《歌よく知らんし熱苦しいイメージしかない。ファンキーモンキーとかなにがいいの?》

などと辛辣な声が殺到している。未だに不倫騒動など過去の失態が払拭できておらず、ファンキー加藤が〝恋愛ソング〟を歌うことに対して、視聴者は激しい嫌悪感を覚えているようだ。

しかし、アツいライブに魅了された人も多く、

《やっぱりファンモンの音楽は良かった。久しぶりに心が揺れた》
《一時間のフェスが本当に素晴らしかった。ファンモンの曲ってホント元気が出るし勇気が湧いてくる》
《ファンモン、熱苦しいから勘弁やったけど、CDTVの1時間ライブ見たら、なんか好きになってきた》
《ファンモンって盛り上がる曲ばかりなのにこんな泣いたの初めてってくらい号泣してしまった。笑 名曲ばかりで中高の時思い出しました》
《ファンとかではないけど、昔実家の車でよく聴いてたからかなぁ。ちっぽけな勇気とかなんか凄く刺さった… ああいう気持ちのこもった歌っていいよねぇ》

といった歓喜の声も見受けられた。

情熱のこもったパフォーマンスに心打たれる人と、逆に冷めてしまう人がハッキリとわかれたようだ。活動に賛否あるかと思うが、今後どのような活動をしていくのだろうか。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ