『CDTV』AKB48の“ランキング”占領に批判続出!「忖度しないで」

まいじつ


(C)pathdoc / Shutterstock 

8月30日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)で、番組が独自に調査した夏ソングランキングを発表。かつて一世を風靡したアイドルグループ『AKB48』の楽曲が上位にランクインし、ネット上で驚きの声があがっている。

今回のランキング「夏ソングTOP40」は1993年から現在まで、国内で発売された楽曲のランキングデータを番組が独自に集計し、夏をテーマに歌った楽曲を抜粋。5位には松任谷由実の『真夏の夜の夢』、1位には『サザンオールスターズ』の『TSUNAMI』がランクインするなど、音楽史に残るアーティストが名を連ねた。

そして4位から2位には、「AKB48」の楽曲がランクイン。4位はあまり夏のイメージがない『Everyday、カチューシャ』、3位は『真夏のSounds good!』、2位は『さよならクロール』が入り、「AKB48」の楽曲が上位に連続で食い込んでいた。

AKB48の上位ランクインに違和感?


このランキングに視聴者からは、

《CDTV28年間データ総括の夏ソング。2位と3位がAKB…。そんな訳ないだろ》
《あの夏歌ランキングみたいなのおかしくない? 28年間のベスト3で2位と3位がAKBとかないでしょ》
《ランキングだけは毎回納得できん。AKB推しすぎ》
《CDTVのランキング2位と3位AKBっておかしいやろ》
《CDTVのAKB推しはなんなんだ?》
《今に始まったことじゃないけど、ランキングで忖度しないでほしい。落ち目のAKBに肩入れする意味があるのだろうか…》
《AKBはガチで歴代の邦楽ランキングからは抹消した方が良いと思う》

などと批判が殺到している。その一方で、

《2011年のAKBめちゃめちゃかわいいな》
《全盛期AKBやべぇな。こじはると大島優子かわいすぎやろ》
《神セブン期のAKB見て震えてます》

といった好意的な意見も。全盛期だった当時の「AKB48」のパフォーマンスに圧倒された人は多いようだ。

とはいえ、「真夏の夜の夢」よりも「Everyday、カチューシャ」が夏ソングとして上位なのは疑問が残るところ。番組の「AKB48」を推したい気持ちはわかるが、もう少し自然にランキングに紛れ込ませることはできなかったのだろうか…。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ