ローソンのアニメ・コラボが面白い理由を聞く!

最近コンビニでは、アニメ作品とのコラボ・キャンペーンがたくさん開催されているが、ローソンは『エヴァンゲリオン』の舞台である箱根(仙石原)の店舗を『エヴァンゲリオン』一色で埋め尽くす「エヴァンゲリオン店舗」を作ったことを皮切りに、さまざまな作品の聖地に「コラボ店舗」を展開するなど、ファンに嬉しい「遊び心」を感じるコラボ企画が多い。そんなローソンにアニメ作品とのコラボについて話を聞いてみた。

――思い出深いアニメ作品との「コラボ店舗」について教えてください。
ローソン:一番話題というかご迷惑をおかけしたのは、2010年4月23日に実施し中止になった「エヴァンゲリオン」(※1)かと思います。場所は変わりましたが2021年8月現在も、ローソン 箱根仙石高原店:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1246-265で実施していますので、箱根観光の折にはぜひお立ち寄りください。
※1:当初の想定を大幅に上回る来店があり、会場周辺での混乱が避けられないため、やむをえず2日間のみで終了した。

――「コラボ店舗」を展開するうえで大切にしていることを教えてください。
ローソン:コロナ禍で現在は一部を除いて積極的には行えていないのですが、ファンの方が安心してコンテンツを愛でることができる設計を意識しています。

◆最近のコラボ・キャンペーンについて
ローソンの「遊び心」は、アニメに登場するキャラクターたちの描き下ろしイラストや、オリジナルグッズ、オリジナル食品にも感じることができる。最近のコラボ・キャンペーンについて話を聞いてみた。

――6月に開催された『鬼滅の刃』キャンペーンですが、描き下ろしイラストでこだわったポイントを教えてください。
ローソン:『鬼滅の刃』は2020年以来継続的にキャンペーンをしていますが、その都度イラストの描き下ろしをお願いして、ファンの方に楽しんでもらえるように心がけています。

【画像】ローソンの制服を着た『鬼滅の刃』描き下ろしイラストなど(5枚)>>>

――店頭で販売された『鬼滅の刃』将棋 & こどもしょうぎなど、オリジナルグッズも面白いですね。
ローソン:将棋は近年お子さんで覚えたいというニーズがあるのに「ルールが難しくて脱落する子が多い」というのを知り合いに聞き、冨岡義勇さんが詰将棋好きという設定もあったので、版権元に提案して許諾をいただきました。

――8月に開催された『Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-』キャンペーンですが、描き下ろしイラストでこだわったポイントを教えてください。
ローソン:ローソンはスイーツで評価いただくことが多く、「推しスイーツ」ということでマシュにロールケーキを持ってもらいました。これからもこのシリーズは続けていきたいと思っています。

――ローソンの公式サイトにて9月14日(火)開催予定の『呪術廻戦』キャンペーンが予告されていますが、話せる範囲内で教えてください。
ローソン:『呪術廻戦』ファン10人以上の人から「あれを商品化したらいいのに」と言われ続けた商品が登場します。こうご期待ください。

――いままでのコラボ・キャンペーンで、思い出に残っているキャンペーンがあれば教えてください。
ローソン:意外に思われるかもしれないのですが、2010年の時に担当した「けいおん!フェア」(※2)かもしれません。当時、過去最高規模のオリジナル商品化やUSJでのイベントなどにチャレンジしたのが、大変だったこともあり思い出深いです。
※2:『けいおん!』のオリジナルグッズやオリジナル食品が用意されたフェア。特に対象品を購入すると貰えるクリアファイルを求めて、深夜のローソンにファンが集まった。

――最後にローソンのコラボ・キャンペーンを楽しみにしている方々にメッセージをお願いいたします。
ローソン:ファンの方に「ローソンわかってる」といっていただけるのが一番うれしいです。今後もそういっていただけるような企画を様々なジャンルでしていきたいと思います。

今回は、コロナ禍ということもありメールでのインタビューとなったが、さらに詳しく聞きたくなるような興味を引く内容になった。「ローソンわかってる」と思わず声に出して言ってしまうようなコラボ企画に今後も注目していきたい。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ