梶裕貴、松本まりか主演ドラマ『東京、愛だの、恋だの』に“10年来の恋人役”で出演 各話を彩るオールキャストも一挙解禁

SPICE


梶裕貴が、松本まりか主演のParaviオリジナルドラマ『東京、愛だの、恋だの』に出演することが分かった。9月11日(土)配信スタート。監督はタナダユキ。

『東京、愛だの、恋だの』あらすじ


主人公は、東京の賃貸不動産会社で働く35歳の女性・和田かえ(松本まりか)。10年間付き合っている恋人・橋本達也(梶裕貴)とそろそろ結婚を考えているものの、大学時代からの男友だち芦屋勇作(毎熊克哉)との関係に安らぎを見いだしている。そんなかえは、10年の恋にどのような結論を出し、男友だちとの不思議な関係に何を求めるのか? かえ同様、恋に仕事に大都会・東京で懸命に生きようとする女性たちのリアルな実情に迫りながら、それぞれの日常を優しく描くことで、見る者の共感を誘う恋愛群像劇だ。

かえの大学時代からの友人の芦屋勇作役は、毎熊克哉。かえの10年来の恋人・橋本達也役は、梶裕貴。かえが務める賃貸不動産会社の同僚・松島はじめ役は、一ノ瀬颯。かえと勇作の大学時代からの共通の友人・古沢恭子役は、清水葉月が演じる。

【コメント】松本まりか


とにかくゲストの方々が魅力的でした。皆さんが笑顔でタナダ組に入り、帰るときにはもっと笑顔で「まだ居たい、終わりたくない」と名残惜しそうに帰る姿がいつも印象的で、この組の主演という立場を頂けたことに心から感謝する毎日でした。ゲストの皆さん演じる「弱くて、強くて、脆くて、かわいい」登場人物たちを是非ともお楽しみに!とても魅力的で、惹きつけられることでしょう、、!!

各話を彩るオールキャストも一気に解禁


さらに、各話には個性あふれるゲストたちが登場する。
第1話には、結婚後の住まいを探すカップル、林ゆか子と首藤春明役で、大原櫻子と古川雄輝が登場。ゆか子たちが出席するパーティーの司会者役は、江口のりこ。パーティーの主役の夫婦役は、大倉孝二と板谷由夏が演じる。

第2話では、かえを取材するフリーライター・奥野晴香役を、剛力彩芽が演じる。晴香がマッチングアプリで知り合う小田直樹役は、三浦貴大。晴香の地元の同級生・赤嶺英明役は、田中俊介が演じる。

第3話には、かえのジム仲間で化粧品会社勤務のバリキャリ・本宮冬子役で、MEGUMI が登場。冬子の 15 歳下の若手社員・佐伯陸役は、小関裕太、謎のおじさん役は、田中要次が務める。

第4話で弁護士・正木優子役を演じるのは、趣里。優子が勤務する法律事務所の代表・朝倉浩二役は、忍成修吾。冬子に相談を持ち掛ける多田美咲役は、安藤聖。美咲の夫の同級生・横山千恵役は、安藤玉恵が演じる。

第5話で、かえの写真部時代の先輩で専業主婦の横山涼子役を演じるのは、臼田あさ美。涼子の写真部の同期で、フォトグラファーの羽柴夏希役は、市川由衣。涼子の夫・横山浩介役は、尾上寛之が務める。

第6話には Web デザイナー・大森すみれ役で、ファーストサマーウイカが出演。そして医師役は、⻑谷川朝晴が演じる。

はたして、第1話から第6話に続々と登場する個性的な俳優陣は、どのようにストーリーを盛り上げてくれるのか。そして第7話の最終話で、松本まりか演じるかえは一体どんな結論を出すのか。それぞれの価値観を持って懸命に生きようとする女性たちにとっての“東京”とは、幸せの形とは。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ