注目の新作コスメレビュー【RMK】毛穴を見えなくする下地&しっとりツヤ感ファンデ

beauty news tokyo


マスク着用が当たり前となった今、ニューノーマルに合わせてベースメイクもアップデートしておきたいところ。そこで注目しておきたのが、ベースメイクで定評が高い【RMK(アールエムケー)】から2021年9月3日に新発売される、下地&パウダーファンデーションの2アイテムです。その実力を早速チェックしてみましょう。

抜け目なく“毛穴を見えなくする”のに抜け感を演出できる下地


優秀すぎる2021秋の新作コスメの1つ目が「RMK スムースフィット ポアレスベース」。毛穴を“隠す”ではなく“見えなくする”という、スキを与えずに抜け感のある仕上がりを叶えてくれる下地です。



▲RMK スムースフィット ポアレスベース 全4色 35g 各¥4,180(税込)

その秘密が、毛穴やニキビ跡などの様々な凸凹にあわせて変幻自在に形を変えるRMK独自開発の毛穴レステクノロジー「トランスフォーミングパウダー」。凸凹をしっかりとカバーして、つるんとなめらかな肌に仕上げてくれます。さらに、思いのままに光を操ることでふんわりとした明るさを引き出し、毛穴の目立ちにくい透明感のある素肌のような仕上がりに。また、ファンデーションを重ねてもきれいに密着して毛穴落ちしにくい仕様も優秀ポイントです。

カラーバリエーションは肌悩みやなりたい仕上がりで選べる4色。



▲上から01(SPF4 PA+)/02(SPF5 PA+)/03,04(SPF6 PA+)<photo : Hiromi Anzai>

肌のトーンは変えずに凸凹だけをフラットにととのえて透明感を高めてくれるノーカラータイプの「01」、レッドとシルバーパールが繊細にきらめき、ほんのり血色感をプラスして明るくやわらかな肌に仕上げてくれるペールピンクの「02」、明るめの肌色の方にぴったりのライトベージュの「03」、ふんわりと明るい印象かつナチュラルに肌の色に馴染むヘルシーベージュの「04」となります。

さらにスキンケア成分も配合されているので、さらっとしたハーフマットな仕上がりでありながらも、しっとりとした保湿感で、日中の肌のうるおいを守ってくれるのも嬉しいポイント。下地のあとにファンデーションを重ねてもいいですが、2021秋はハイライト効果のあるコンシーラーを使ったカジュアルなベースメイクがおすすめです。

しっとりツヤやかな肌に。“テクいらず”のパウダーファンデーション


優秀すぎる2021秋の新作コスメの2つ目が「RMK エアリーパウダーファンデーション N」。パウダーでありながら、パウダーとは思えないしっとりとつややかで透明感あふれる仕上がりで、特別なテクニックがなくても、骨格を生かした自然な立体感を演出できます。



▲RMK エアリーパウダーファンデーション N (レフィル) 全7色 10g 各¥4,400(税込) ※ケース、ツール別売

このファンデーションのキー成分がRMK新開発の「トランスルーセントカバーパウダー」。肌そのものが発光するように面で光を反射し、頬の高いところを中心に光が集まることで、透明感あふれる濡れたようなツヤを叶えてくれます。また、ひと塗りで毛穴やニキビ跡などの気になる凸凹や赤み、色ムラをしっかり均一にカバーしてくれるのに、粉っぽさや厚みを感じさせない、素肌感のある仕上がりも魅力。オイルをまとったパウダーが、まるでリキッドファンデーションのようなしっとりとしたツヤ感を与えながらも、サラサラと心地よい肌に仕上がるのもポイントです。

ブラシを使って素肌っぽう仕上がりに、スポンジを使ってカバー力のあるしっとりツヤやかな仕上がりにと、ツールの使い分けで仕上がり質感を自由に操ってみてください。

気になる肌悩みの解決とトレンド感UPの両方を賢く叶えてくれるRMKの2021秋新作コスメは期待を裏切らないクオリティです。ぜひ今秋のベースメイクに採り入れて、理想的な肌づくりを叶えてくださいね。<text:Hiromi Anzai 問:RMK Division 0120-988-271 www.rmkrmk.com>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ