iPhone 13(仮)は低軌道衛星通信に対応の噂

2021-0830-iphone-13-leo-satellite-com-rumor-01
Image: Shutterstock

低軌道衛星通信といえば、最近はイーロン・マスクのStarlinkが真っ先に浮かびますね。

もうすぐ発表されるだろう新型iPhone、iPhone 13(仮)は低軌道衛星通信に接続可能だという話がでてきました。ソースはApple情報に強いアナリストMing-Chi Kuo氏。ネタ元のMacRumorsいわく、投資者向けの資料に書かれていたとのことで、Kuo氏が解説しています。

衛星通信を可能にするのは、iPhone 13に搭載されるベースバンドチップは、カスタマイズ版Qualcomm X60という噂がありますが、これが衛星通信を可能にします。

低軌道衛星通信対応になるとどうなるのか。ユーザーが直接衛星通信会社(グローバルスターやイリジウムなど)と契約すれば、国を超えても海を超えても、世界どこにいっても通信できるということに。もちろん、4Gや5G未対応エリアでも大丈夫です。

Kuo氏は、Appleは今後低軌道衛星通信に力をいれていくとも語り、将来的にはiPhoneに限らず幅広い端末が対応していくと予想しています。

Source: MacRumors

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ