爆問太田「威嚇したのはそっちでしょうが」共演NGと噂の松本人志と7年ぶりの共演をしツッコミ

Quick Timez


画像:時事

28日に放送された「FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~」(フジテレビ系)。

ゲストとしてお笑いコンビ・爆笑問題の太田光さんが出演したのですが、生放送にあった太田さんの発言が意味深だったため、ネット上で話題になっています。

どのような発言だったのでしょうか?

“共演NG”の2人が夢の共演


28日に放送された「FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~」(フジテレビ系)。

『FNS歌謡祭』や『ENGEIグランドスラム』などの人気番組を放送しているフジテレビが、“音楽”と“笑い”を融合して新たに制作を発表した長時間の生放送特別番組です。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、2020年から2年連続放送休止中の『FNS27時間テレビ』の代替番組として放送されることでも知られており、28日・29日の2日間で合計9時間に渡って様々なアーティストやお笑い芸人がスペシャルコラボ企画などのエンターテインメントショーを繰り広げています。

MCをお笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さん、ナインティナインの矢部浩之さん、岡村隆史さんと元SMAPの中居正広さんの4人が務め、初日となる28日にはアイドルグループ・乃木坂46やダンス&ボーカルグループのGENERATIONS、歌手の森高千里さんなど世代を超えた幅広いアーティストが登場。

また、芸人枠でもお笑いコンビの千鳥、ミキ、ハライチ、ロッチ、見取り図、ナイツなどの売れっ子芸人が多数登場し、順に漫才やコントを披露しました。

さらに番組終了間際には爆笑問題の太田光さんと田中裕二さんが登場。

漫才披露中から「明日は『ワイドナショー(松本さんが出演している番組)』じゃなくて『サンデー・ジャポン(爆笑問題がMCを務めるTBSの裏番組)』を見てください!」など、過激発言を繰り返してネットを騒がせた太田さんでしたが、漫才終了後にはスタジオのMCメンバーと合流し、2014年の『笑っていいとも!グランドフィナーレ』(フジテレビ系)以来7年ぶりとなる松本さんとの共演を果たすことでさらに視聴者を驚かせました。

ネット上では“共演NG”でも知られている有名な2人ですが、共演時には松本さんが「太田の奥さんが俺のTwitterをフォローしているから、遠回しに威嚇されてるのかな?」とボケたのに対し、太田さんが「威嚇したのはそっちでしょうが!」と反撃。

これを相方の田中さんが太田さんをグーで殴ることで止めさせ、「俺がやっつけますから!」などと必死に謝罪していたことで、過去を知らない視聴者にも「何かあったのかな?」と思わせるようなやりとりとなっていました。

一体この2組には何があったのでしょうか?

ダウンタウン全盛期の“土下座事件”


実際に爆笑問題の漫才が終わるとすぐに「絡みたくねえなあ~」と漏らし、太田さんとの共演に消極的な姿勢を見せていた松本さん。

7年前の『笑っていいとも!グランドフィナーレ』でも、実はとんねるずがサプライズ登場したことで成り行き的に共演することにはなりましたが、本来共演の予定はありませんでした。

なぜ2人は“共演NG”になったのでしょうか?

さかのぼること27年前、雑誌の連載コラムで同じブランドの洋服ばかり着ていた松本さんのことを馬鹿にした太田さん。

当時、まだまだ駆け出しだった爆笑問題の2人に対し、既に『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)などゴールデンタイムでレギュラー番組を複数抱え、超売れっ子だった松本さんはこれを知って大激怒。

今でこそ面倒見の良い先輩といったイメージですが、『ごっつええ感じ』時代といえば、破天荒でかなり尖っていた印象もある松本さん。

フジテレビに爆笑問題の2人を呼び出し、土下座をさせたそうです。

太田さんの言動が火種となったことには変わりありませんが、「威嚇したのはそっちでしょうが!」の発言もこれを知ると納得です。

とはいえ年齢を重ね、太田さんとの絡みも上手く笑いに変えていた松本さん。

今後の共演も楽しみですね。

(文:Quick Timez編集部)

当記事はQuick Timezの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ