太田光、傍若無人に振る舞うも「お久しぶりです」と松本人志に2回も挨拶する律儀さ

8月28日、29日の2夜連続で計9時間にわたってさまざまなアーティストやお笑い芸人を迎えて生放送される大型特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』(フジテレビ系)。第一夜の大トリを飾ったのはお笑いコンビ・爆笑問題で、先日解散を発表した雨上がり決死隊をネタにした漫才を披露したり、昔から“不仲説”が囁かれているダウンタウンの松本人志と太田光が会話を交わすなどした夢の共演にネット上は大いに盛り上がった。

東京オリンピック・パラリンピックの話題から雨上がり決死隊の解散まで、お得意の不謹慎ギリギリの時事ネタ漫才を披露した爆笑問題。「(解散を発表した番組で)フジモンが号泣してさ、目から出てた大粒の涙がタピオカみたいだった」「(雨上がり決死隊として)いつか2人でやるなら、何年先だって良いんだよ。テレビがダメなら舞台でも、舞台がダメなら闇営業で」と太田光のボケが冴え渡っていたものだ。合間合間に入れる「太田動きます」「まっちゃん見てる?」と松本人志を意識した小ボケもネットで大好評。その後のフリートークでも、「太田動きます」と本人を目の前にして発していたのが太田らしい。

スタジオには太田との絡みに比較的慣れている『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)でMCを務めるナインティナインがおり、爆笑問題がスタジオに入ってからは矢部浩之を中心に話を進めていた。「これはどうなんですか? (不仲説は)周りの大人がピリピリしてるだけなんですか?」と矢部が3人に聞くと、「知らないですよ」と松本のみならず爆笑問題も否定する。だが太田の妻で爆笑問題が所属するタイタンの太田光代社長が「自分のツイッターをフォローしている。なんか遠巻きに“威嚇”されてるのかなって…」と松本が言うと、「いやいや“威嚇”したのはそっちでしょ」と太田もネットの噂(松本が過去に、爆笑問題を楽屋に呼びつけた)を逆手に取って応酬。さらに中居正広が「ナインティナインと松本さんも、共演はあまり無かったから」と話を振ると、太田が「“チンカス”ですもんね」と松本が著書「遺書」(1994年)内で“ナイナイはダウンタウンのチンカスみたいなもん”と書いた文を突然、口走った。これを聞いた松本が机に突っ伏すと、矢部が自らの胸に手を当てながら「ダウンタウンの“チンカス”です」と自虐風に説明するなど、太田の発言に周囲が慌てふためいていた。

そのように傍若無人に振る舞っていた太田だったが、実はスタジオに入りひと暴れした後、席に着く前に松本に向かって「お久しぶりです」と軽く頭を下げていた。そして席に着いてから改めて、松本の方に体を向けて「お久しぶりです」と深々とお辞儀をしていたのだ。翌29日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で太田は「いや~楽しかったですよ、ホントに」と話しており、フリートークでは短い時間であったが芸人としての役割を果たし、松本にもキチンと挨拶できたので本人としては大満足だったのではないだろうか。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ