気になる彼をドキッとさせよう!モテLINEテクニック

愛カツ


気になる彼との距離を縮めるのに、LINEでのやり取りは必須。

一方で、男性とのLINEに苦手意識を持っている人も多いのでは?

仲を深めるためとはいえ、思わぬ結果を招いてしまうこともありますよね。

そこで今回は、LINEだからこそできる、モテるテクニックをご紹介します!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

男性をドキッとさせよう!モテLINEテクニック

■ 連投しない

彼に伝えたいことがたくさんあるのに、彼の返信がないこと、ありませんか?

気になる彼からLINEが返ってこないと、不安になってしまうでしょう。

しかし、忙しくて返信が後回しになっている、もともと連絡がマメではない場合も多いんです。

ここでしつこく追送してしまうと、重たい印象を与えますし、彼が余計に連絡しづらくなってしまうかもしれません。

返信がこなくてイライラしても、気長に待つことが大事です。

どうしても追送したい場合は、用件を明確にする、新しい話題で連絡するなど、連絡の必要性を見せましょう。

■ 質問は1つだけ

たとえ聞きたいことが山ほどあっても、質問はひとつに絞っておくといいでしょう。

質問がいくつもあると、「返信が面倒」と感じられてしまうかも。

彼が返信しやすいような内容で返信するのも、モテLINEのテクニックです。

返信しやすい内容を心がけることで、会話のテンポがよくなり、自然と連絡の回数を増やすことができるはずです。

■ 短文を意識する

長文LINEも、重たく感じさせてしまうため、控えるべきでしょう。

また、相手に「自分も長く返信しないといけないのかな」と思わせ、距離が遠のいてしまう可能性もあります。

長文のやりとりを1回するよりも、短文のやりとりを何度もするほうが、ふたりの距離は縮まるはずです。

できるだけ短文の簡潔なLINEで、「気軽に連絡できる相手」だと思ってもらえるようにしましょう。

■ 絵文字を多用しない

絵文字を使うことで、相手との会話がスムーズに運ぶこともあります。

しかし、絵文字を多用しすぎると、相手によっては引かれてしまうこともあるでしょう。

文章が読みにくくなったり、意味がわからなくなったりすることもあるので、絵文字は多用せず、語尾にひとつかふたつ添えるくらいがベスト。

また、普段絵文字を使わない人が、絵文字を使うと印象に残りやすいかも。

絵文字を使って文章にメリハリをつけることで、やりとりそのものの関心が高まるはず!

■ 送信前に確認する

LINEを送る前に、一度読み返すことも大切です。

とくに、LINEは誤送信しやすいので要注意。

自分だけのグループを作成して、そこに彼へのLINEを送ってみてもよいかもしれません。

客観的に文面を見ることで、誤字やわかりにくい表現に気付くことができます。

焦らず落ち着いて、何度も確認!

これもモテるLINEを送る大切な秘訣です。

■ 彼との距離をグッと縮めて!

彼との距離を縮めるためのLINE。

逆効果になってしまわないように、気を付けて活用したいですよね。

LINEでのやり取りに自信が持てれば、もっと気軽に彼と連絡が取れるかも。

今回のテクニックをぜひ使ってみてくださいね!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ