【Linolinoインタビュー】 新曲『Heart Beat』MVで紺野ぶるまと“謎かけ”「一発本番でやらせていただきました」

GirlsNews


キュートな明るい声質で良質なPOPSを歌うシンガー・ソングライター Linolino(リノリノ)が、8月25日に 2曲入りコンセプトEP『SEKIRARA』をリリース。配信開始を記念して、GirlsNewsのインタビューに答えた。

Linolinoは熊本から上京後、都内のライブハウスなどで活動を行ってきたが、現在はYouTubeを中心に活動を切り替え、歌以外にもグラビア等、幅広い方面に挑戦中だ。

2019年5月に配信リリースしたミニアルバム『okonanno』ではアートディレクターに宍戸留美を起用。リリースした作品やライブMVのミュージシャンには人時(黒夢)や西平彰が参加した。

2021年2月には、4曲入りコンセプトEP『MAGIC TIME』を配信限定リリース。その後、闇金業者の父親が自身へのDVにより逮捕されたり、占い師を信じた母親が自己破産して家庭崩壊、元カレとのデートはいつもパチンコ屋など、波乱万丈の自身のエピソードを赤裸々に打ち明け、ファンに衝撃を与えた。

今回の新譜となる『SEKIRARA』は、今まで通り、岡本晃弦をプロデュースに迎え、映像ディレクターには、たなかすすむを起用。リズム隊には人時(黒夢)、林久悦と今までのLinolinoに加え、新たな世界観がスパイスされている。また、ミュージックビデオには、R1グランプリ決勝進出経験もある、紺野ぶるまが出演。曲の合間に下ネタ謎かけを挟むというシュールな映像が話題となっている。

Linolinoは、9月26日(日)にはオンラインライブいぶの第4弾「Linolino Unplugged ONLINE Live~Welcome to Lino’s toy box~Lv.4」を開催する。また、ハライチ岩井勇気、寺本莉緒がMCを担当する音楽バラエティー番組テレビ埼玉『ドレスキーとコレスキー』の9月度パワーアップアーティストに選らばれている。

<Linolino インタビュー>



--出身地の熊本では波乱万丈な環境で暮らしてたそうですね

「彼氏だったり、家族だったり、環境だったり、何かにしがみついて、『これがなくなったら、私は生きていけないくなる』と怖がって、なかなか熊本から出られずにいたんですけど、環境を変えようと思って東京に出てきました。やっぱり、一人で生きていける力を身につけることって、大事だなと思います。周りにいろんな人がいて助けられることも多いですけど、まずは自分ありきなので」

--そのあたり、詳しくお聞きしたいのは山々ですが、ひとまず、現在の活動について聞かせてください。

「以前は自分で予定を組んでライブハウスでライブをやっていたんですが、コロナ禍でそれができなくなったので、いまはYouTubeを中心に活動しています」

--YouTubeでの発信は自分に向いてると感じますか?

「向いているかどうかは分からないですが、やっていて楽しいですね。もともと、YouTube を観るのが好きだったので興味はありました。前作の『MAGIC TIME』をリリースしたときに、どういうふうに曲作りをしているかという流れを YouTube で動画を上げていく企画をしていたんです。ちょうど、そのタイミングでコロナが流行りだしたので、それなら継続的にほかの企画もやっていこうと、8月25日まで毎日投稿を続けていました。今までのライブとでは全く違う部分はあるんですけど、どちらも変わらないくらい楽しくやってます」

--では、今回のコンセプトEP『SEKIRARA』から、それぞれの曲を紹介していただけますか?

「どちらの曲も“赤裸々”をテーマに書いてます。『VICTORY MONSTER』は、夢を追いかけている人や、何かを頑張ってる人の背中を押せる曲になったらいいなと思って書きました。もう一曲の『Heart Beat』は、「赤裸々に生きていく。自分をさらけ出して生きていく」って、いろんな覚悟とか決意が必要なことなので、それを抱えながら強く生きていこうという気持ちを込めて書きました」

--『Heart Beat』のMVでは、紺野ぶるまさんと“謎かけ”をしている風変わりな映像が話題ですが、ご自身の感想は?

「あの MV は打ち合わせが全くなくて、どこの歌詞をどう謎かけするかなどは全く知らずに、一発本番でやらせていただきました。収録中はひたすら楽しくて、仕上がりを自分で見てもメチャクチャ面白かったです」

--紺野さんの想像力豊かな下ネタの連発に圧倒されてた様子でしたが、正直引いてませんでしたか?

「引いていたということは全くありません。ぶるまさんのことはよく存じ上げていて、下ネタのことも知った上で今回の企画に出演して頂きました。私の歌詞から、ぶるまさんにここまでうまく引き出していただけるとは、すごく嬉しかったですね。まさかという感じで、ものすごく面白かったです」

--Linolinoさん自身は下ネタ耐性があるほうですか?

「下ネタは男子より女子の方がけっこうエグかったでするので、耐性はあると思います。相手によってケースバイケースですけど、相手が話したかったら聞くし、自分から話題を振ることもありますよ」

--『Heart Beat』という曲名ですが、ご自身が普段テンションが上がるときは?

「最近パーソナルトレーニングに通っていて、パワーリフティングや様々なトレーニングでバキバキに鍛えられてます。デットリフトで60kg持ち上げたりしてるのですが、そうやって体を動かしているときはテンションが上がりますね」

--2019年5月のミニアルバム『okonanno』では、アートディレクターに宍戸留美さんを起用されたそうですが、Linolinoさんからの希望でしょうか?

「プロデューサーの岡本晃弦が宍戸留美さんをご存知で、『Linolinoと合うと思うよ』と紹介していただきました。留美さんには、私が今まで表に出してない部分を引き出していただけたらなと思ってお願いしました」

--具体的にどういう関わり方をされたんですか?

「アーティスト写真やジャケットなどや、MVの撮影など、ビジュアル全般に渡って手掛けていただきました。留美さんは見た目も声も性格も、ものすごく可愛らしくて、しかもかっこいいところもある方なので、今までの私にないところを引き出していただけたと思っています」

--「なんでもやってみよう!」が、モットーだそうですが、これからやってみたいことは?

「シンガー・ソングライターを名乗ってますが、ジャンルに拘らず、できること、できないことも、なんでもやってみたいですね(笑)。歌に限らず、表現することに興味があるので、演技にもチャレンジしてみたいなと思っています」

--映像とか、舞台とか、どんなジャンルが希望ですか?

「声優がやりたいです! 実は『声優能力検定』を受験していて、その資格があるからなれるというものではないんですけど、もともとアニメも好きなので、声をあてるお仕事をやってみたいです」

--グラビアに挑戦したいとかはありますか?

「全然やってみたいです! YouTube の企画でミスSPA!のオーディションに参加したんですよ。撮影会も先月経験しました。そもそも海に泳ぎに行くタイプではないので、水着も一着も持ってなかったし、人前で着ることもほんと初めてでした。不安もあったんですけど、意外と楽しかったので、機会があればまたやりたいです」

--グラビアアイドルで気になる方はいますか?

「テレビに出演させていただいたときに、寺本莉緒さんにお会いしまして、若いのにキレイでナイススタイルだなと思いました。笑顔もかわいいし、最近はドラマで活躍されているところも素敵ですね」

--好きな男性のタイプも聞かせてください。

「私よりお酒が強い人(笑)。私は焼酎の一升瓶だと2日ぐらいで空けてしまうので、けっこう呑めるほうだと思います。ビールとかだといくらでも呑んでいられるので、安心して最後まで呑める相手がいいです」

<プロフィール>

Linolino(リノリノ)

出身地:熊本県

サイズ:T164 B84 W63 H90

趣味:辛いもの 検定を受けること ダイエット

特技:何でもやってみる

資格:アマチュア無線、声優検定3級、ダイエット検定1級

HP

http://linolino.jp

Twitter

https://twitter.com/Linolino_

Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCJivFUq23uw_3aDYdZS8vUw

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ